Please choose Language or Country
or

ザルツブルク州のザルツブルガー・ノッケル

ザルツブルク料理は基本的にその作り方を知っていればとても簡単にできます。ザルツブルク州の白いデザート、ザルツブルガー・ノッケルはこの地方でとても親しまれています。是非お試しください。
ザルツブルクを訪れたら、郷土の名物菓子「ザルツブルガー・ノッケル」にトライしてみてはいかがでしょう。ケーキショップには置いていないので、旅行者にとってはレストランでのデザートくらいしか食べるチャンスはないかもしれません。
ザルツブルクの3つの山をかたどったとされる白いスフレ(泡立てた卵白にクリームなどを混ぜてふんわりと焼いたもの)、ザルツブルガー・ノッケルの歴史は古く、すでに16世紀には食べられていた記録があります。ハプスブルク家の食卓にも登場していたようで、皇帝一家も淡雪のように溶けていく軽い口当たりを楽しんだに違いありません。

焼き上がったザルツブルガー・ノッケルは、塩の街・ザルツブルクの山々を思わせる白さが人々をとりこにし、運ばれたテーブルからしばしば感嘆の声が上がります。しかし塩の街の名物であっても、デザートというだけあり、甘さは十分なものです。そして、サイズも想像以上の大きさです。
召し上がるときは何人かでシェアすることをおすすめします。たいていラズベリーソースとともに出されるので、甘酸っぱさをうまく組み合わせて召し上 がってください。コーヒーを一緒に飲むなら、モカ(ストレートのブラックコーヒー)か、ブラウナー(濃いめのコーヒーにミルクをひと注ぎ加えたもの)のよ うな、シンプルな味わいのものがよいでしょう。


ザルツブルガー・ノッケルの作り方

材料(大き目の山3個分):

* 卵白 7個分
* グラニュー糖100g
* 卵黄 2個分
*振るった薄力粉 20g
* バニラシュガー 小さじ1杯
* 塗るためのバター 適量
* デコレーション用の粉砂糖 適量

作り方:

①卵白とグラニュー糖を、角が立つまで混ぜ合わせる。
②①にバニラシュガーと卵黄を入れ混ぜる。
③②に少量ずつ薄力粉を加え、混ぜる。
④耐熱容器にバターを塗る。
⑤④に③を入れ、写真のように3つ山をつくる。
⑥⑤を220℃に温めておいたオーブンで約9分焼く。
⑦焼きあがったら、⑥に粉砂糖を振りかけて完成です。


フライパンで焼くザルツブルガー・ノッケル

もともとザルツブルガーノッケルのオリジナルはフライパンで作られていましたが、そのレシピは現在ではほとんど忘れ去られています。ここではその作り方を伝授します。
 
材料
  • たまご 3個
  • 小麦粉 大さじ摺り切り一杯
  • グラニュー糖 15g
  • 無塩バター 60g
  • 牛乳 100ml
  • バニラシュガー 大さじ一杯
 
作り方
卵を黄身と白身に分け、バターを溶かし、牛乳にバニラシュガーを入れて人肌ぐらいに温める。大きなボールに卵白とグラニュー糖を入れ、角が立つまでしっかりと泡立てる。そこに溶かしバターの半分を加え混ぜた卵黄と、バニラ牛乳の半分と、振るった小麦粉を少しづつ入れて静かに混ぜる。
 
鉄のフライパンを熱し、残りの溶かしバターを入れ、混ぜた生地を入れ、蓋をする。
底が少し茶色に色づいたら、フライ返しで大きな山を3個ぐらいに切り、ひっくり返し蓋をして、裏も少し茶色になるまで焼く。
 
蓋を取り、フライパンに残りのバニラ牛乳を注ぎ、ミルクが吸い込んでスフレがさらに盛り上がるよう、すばやくスフレを立たせる。
 
皿に盛り、粉砂糖を振り掛けて、すばやくサーブします。

 

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。