Please choose Language or Country
or

南シュタイヤマルク州のワイン街道

極めて上質なワインと心のこもった料理が名物で、是非訪れてご自身の舌で味わって頂きたい魅力溢れるところです。
「シュタイヤマルク人の血は木苺ジュースではない」というのが、シュタイヤマルク州での決まった言い回しです。シュタイヤマルク南部のワイン街道では、それが一目瞭然です。エーレンハウゼンとロイチャッハの間のおよそ25kmの街道はシュタイヤマルクで最も大きなワイン栽培地域です。そこでは、ウェルシュリースリング、ソビニオン・ブラン、ムスカテラーといった白ワインを作っています。
 
ワイン街道とは、その言葉の通り、細い国道沿いにラッチュ, グランツ, ラングエッグ, シュロスベルク アイベルク・トラウンブルクのような田園的ワイン栽培地が広がっています。この数多くのワイナリーにおいて、高い品質要求を満たしたワインがふるまわれます。シュタイヤマルク南部のワイン生産者は、いつも優秀な白ワインに対する賞やメダルを与えられます。
チーズの名産品や農家のオリジナルデザート、地域の伝統料理を一緒にお召し上がりください。この地域のジャム等も人気です。特産品の中でも、かぼちゃの種から作った油は、とても有名で、シュタイヤマルク州では「緑の金」と呼ばれています。
 

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。