ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

動物・植物

オーストリアはヨーロッパでもっとも森林の多い国に属し、国土面積の約47パーセントを森林が占めています。

Sunflower field in the evening sun
アルプス近接地方においては、森林が開墾され耕地となっているところも少なくありません。とくにアルプス北縁地の標高600メートル以上では、緑草地の方が多くなっています。東部のパンノニア低地は、叢林、落葉樹林、ステップの原野となっているのが特徴です。
ノイジードラー湖の東方には、塩分を含んだステップ地帯特有の植物相が見られます。

オーストリアの動物相は、ほとんど中部ヨーロッパ型です。シカ、ノロジカ、ウサギ、キジ、キツネ、アライグマ、イタチ、リスなどが生息しています。アルプ ス地方の代表的な動物には、アルプスカモシカ、マーモット、アルプスコガラスなどがあげられます。パンノニア低地では、ノイジードラ湖の葦におおわれた地 帯に、多くの鳥類が生息していて、これがこの地域の動物相の特徴をなしています。