ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

フランツ・シューベルト (1797 - 1828)

ウィーンに生まれ、ウィーンで生涯を過ごした作曲家。ドイツ歌曲(リート)の王と言われています。

Franz Schubert © Österreich Werbung/Trumler
シューベルトは小学校教師の12番目の子供として生まれました。その短い生涯を通じて、この中流下の階級の言葉遣い、質素な身なり、習慣を変えないで過ごしました。11歳の時、宮廷オーケストラの少年合唱団に参加しましたが、これにより作曲の分野でサリエリの門下生の一人となりました。声変わりすると、合唱団を離れ、父親を手伝って助教員となります。と同時に、作曲家としての道に足を踏み入れます。わずか17歳で、初めて交響曲とミサ曲一篇と、極めて有名になった数篇の歌曲を書き上げました。ロマンチシズムにあふれた青年は、詩やバラードに深い感銘を受け、これに音楽をつけました。こうして、一つの楽器、または小編成のアンサンブルの伴奏で歌われるドイツ・リートという音楽の一形式を作り出し、11年の間に600以上の歌曲を書き上げました。3年間の教職を離れ、創作活動に専念し、自由な気ままな生活を始めました。
午前中は作曲、午後は散歩を楽しんだり、友人たちの集まりでピアノを弾いたりしました。特筆すべき2つの重要なことは、この天才作曲家が生涯、自分のピアノを持たなかったことと、彼の作品の公開コンサートがただの一度、死ぬ7ヶ月前に開かれた、ということです。
シューベルトはドイツ・リートのジャンルを創り出す傍ら、交響曲(25歳で未完成交響曲を書いています)、ミサ曲、弦楽四重奏曲、ピアノソナタ、そのほかの室内楽曲や舞踏曲をたくさん遺しました。