ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー (1928 - 2000)

画家。豊かな色彩と渦巻装飾をもつ独自の作風を開拓。ウィーン市公団住宅「フンデルトヴァッサー・ハウス」など建築関係の活動が多い。

Rogner Bad Blumau/Hundertwasser © Österreich Werbung/Rogner Bad Blumau
Rogner Bad Blumau/Hundertwasser © Österreich Werbung/Rogner Bad Blumau
Fountain Hundertwasser in Zwettl
Fountain Hundertwasser in Zwettl
 © Österreich Werbung/Wiesenhofer
© Österreich Werbung/Wiesenhofer
フンデルトヴァッサーは、1928年にウィーンで生まれ、2000年にこの世を去りました。本名はフリードリッヒ・シュトーヴァッサーですが、21歳のときにフンデルトヴァッサーと名乗るようになりました。日本とのつながりは意外と深く、1960年代には日本で木版画を制作しており、サインも漢字で「百水」と日本語に訳して使っていました。

20歳のとき、ウィーン美術アカデミーで本格的に絵の勉強を始めましたが、学校には長く留まらず、イタリア、フランス、モロッコなどを旅しながら絵を描くのですが、その頃から彼の絵は赤や黄色、緑、青が多用されたカラフルな色使い、やがてどこまでも続く線や螺旋渦巻きが登場し、その曲線で家が描かれ、家の上に木が植えられ、水が流れ、雨が降り・・・、いつしかその主題は家と木と水に集約されていきました。彼の作品には、「家と人と自然の共存」という哲学が込められています。

代表作のフンデルトヴァッサーハウスは、ウィーンの市営住宅で、一般の住人がここで生活しています。ウィーンの街の中心部には庭のない集合住宅ばかりです。そこで、庭がないなら屋根やベランダに草や木を植えればよい、という自由な発想で、緑に覆われた集合住宅が生まれました。

この市営住宅をはじめ、彼の建物にはほとんど直線はありません。外壁、内部の壁、壁と天井の境目も、廊下もすべて曲線で構成されています。ウィーンから南へ約120km、車で2時間ほどにある巨大なリゾートホテル「ログナー・バード・ブルマウ」も、フンデルトヴァッサーが手がけたもので、1997年に完成しました。いくつかの大きな温泉プール、6種類のサウナ、エステルーム、800ベッドのホテルの建物は、なだらかな丘のようなフォルムでできています。窓の形も色もさまざま、壁の色もカラフルでまるでおとぎの国にあるような建物です。そして最大の特徴は、屋根にあたる部分がすべて草木で覆われていることです。散歩しているといつしか坂道になり、気づくと建物のてっぺんということもある、不思議なリゾートです。

このほか、フンデルトヴァッサーが手がけた有名な建物は、グラーツ郊外にある古い「聖ベルンバッハ協会」。建物はもとのものを使っていますが、外装はもちろん、内部までが彼のカラーで仕上げられています。
ウィーン市内には、ドナウ川のほとりに建つ「シュピッテラウゴミ焼却場」があります。街中にあって圧迫感がないのは、その優れたデザインによるものといえます。その熱で水を温め、ウィーンの25万世帯にお湯を供給しています。ちなみに彼は、大阪の舞州にあるゴミ焼却場もデザインしています。

フンデルトヴァッサーは、商業アーティストとしての面でも、優れた才能を発揮させています。例えば、郵便切手のデザイン、車のナンバープレート、コイン、本の装丁などなど。建築をはじめ、さまざまな形に姿を変えた作品たちが、彼の死後、さらに評価されています。



フンデルトヴァッサーと日本
日本とのつながりも深く、フンデルトヴァッサーの作品は日本美術の影響が見られます。1960年代には日本で木版画を制作しており、サインも漢字で「百水」と日本語に訳して使用していました。

フンデルトヴァッサーの作品、建築についてはこちら