ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

エメリッヒ・カールマン (1882 - 1953)

ウィーンでオペレッタ作曲家として活躍。第2次世界大戦中はアメリカに移住して活躍。 代表作「チャルダーシュ姫」「マリーツァ伯爵夫人」「サーカスの女王」


カールマンは銀の時代を構成するもうひとりの主要な作曲家で、その背景はレハールと似ています。彼もハンガリーで生まれ、ウィーンで音楽家の修行を積みました。最初は偉大なピアニストになることが彼の夢でしたが、彼の技術はそのレベルまで達することができませんでした。そこで彼は音楽評論家になり、次いで作曲家に転向しました。彼は、オペレッタの中で、生まれ故郷のハンガリーから題材やテーマをとり、これにウィーンの軽快さと魅力を混ぜ合わせて大成功を収めました。カールマンは晩年、コスモポリタンになり、1940年にニューヨークに行き、最終的にはパリに定住し、そこで余生を送りました。