ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

ペーター・ハントケ (1942〜)

小説、戯曲、詩から放送劇、フランス文学の翻訳まで幅広く活動。

ケルンテン州出身の現代作家。小説、戯曲、詩から放送劇、フランス文学の翻訳まで幅広く活動。ゲオルク・ビューヒナー賞ほか受賞多数。
 
アヴァンギャルドのオーストリアの劇作家であり、小説家、詩人、エッセイストでもあるペーター・ハントケは、二十世紀後半の最も影響力のあるドイツ語圏の作家と言われています。彼は主なテーマとして、日常の言葉と現実、それに伴う理性的な秩序が、いかに人間に束縛と負の影響を及ぼすかを描いています。
 
1966年に上演された彼の初めての戯曲「観客罵倒」は、劇場上演に不向きとのレッテルを貼られました。同年、プリンストン大学で行われた、第二次大戦後のドイツの新進作家の集団、グループ47のミーティングで、ハントケは彼らを痛烈に批判し話題となりました。1999年のNATO軍によるユーゴスラヴィア空爆に対し、ハントケは新聞のエッセイと本、戯曲の双方で、西側同盟国を激しく非難。また、ハントケは映画監督ウィム・ウエンダースとのコラボレーションで、自身の小説「ペナルティ・キックを受けるゴールキーパーの不安」を映画化し、同監督の映画「天使の詩」では脚本を共同執筆しています。