ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ペーター・トゥリーニ (1944〜)

ケルンテン州出身の現代作家。

ケルンテン州出身の現代作家。

ペーター・トゥリーニは、長年に渡り遠慮なしにずけずけものを言う政治・社会批評家であり、オーストリアの妥協しない若手劇作家のひとりでもありました。彼の主な作品には、「ねずみ狩」、「豚大虐殺」、「幼児殺害」などがあります。

伝説のテレビシリーズ「アルプスの聖人」の共著者が道徳権威者になる一方で、トゥリーニは相変わらず非難を受けましたが、彼は断固として姿勢を変えることはありませんでした。

彼の広範囲に及ぶ仕事は、演劇や小説、エッセイ、スピーチ、ラジオ放送、脚本などから成っていました。彼の社会批判的発言や主張は、常に明白で、それは例え話をする時もそうでした。