ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

プラーターの大観覧車

プラーター遊園地の大観覧車は、最も名高いウィーンのシンボルのひとつとして、すでに100年以上回り続けています。

Vienna's Giant Wheel by night
建設されたのは1896/97年のことで、イギリスの設計者B・バセットとH・ヒッチンズが工事を担当しました。これはフランツ・ヨーゼフ皇帝の即位50周年を記念するものでした。戦時中の1944年、火災で大きな被害を被り、運転が再開されたのは1947年のことです。
1949年には、キャロル・リード監督が映画史上に残る不朽の名作「第三の男」を撮影、オーソン・ウェールズとジョセフ・コットンによる極めてスリリングな場面は、大観覧車が舞台となっています。
最高地点は地上65メートル、ワゴンの速度は最大限でも時速2.7キロで、足元に広がるウィーンのパノラマを、ゆっくり眺めることができます。
大観覧車の下には、第二のアトラクションが人々を待ち受けています。これは紛失したものと考えられていた8つのワゴンで、2002年になって「故郷」に戻 され、巧みなトリックによるインスタレーションと巨大な画面が、ウィーンの歴史を巡る「パノラマ観覧車」を作り出しています。

Wiener Riesenrad 大観覧車

プラーター総合サイト(日本語)