ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ロベルト・ムージル (1880 - 1942)

小説家

ケルンテン州クラーゲンフルト出身の小説家。代表作「特性のない男」

"If stupidity did not resemble progress, talent, hope and improvement quite so perfectly, nobody would want to be stupid". (Robert Musil, 1931).


ロベルト・ムージルは小説家であり、随筆家でもあり、脚本家でもありました。
エンジニアリングや数学、化学、心理学を学び、生産的にこれらの領域において仕事をしていました。彼の小説は、わずかながら心理的要因によって特徴づけられます。また、彼の書き方はプルーストに影響を受けているとも言われていますが、恐らくニーチェや自身の厳格な経歴により強く影響されていると言えます。
ムージルは『士官候補生テルレスの惑い』で早くも小説家として成功しましたが、経済的自立は困難でした。グラーツ大学の空きポストのオファーを受けたものの、学問の世界における評判を拒み、小説や脚本、随筆に打ち込みましたが、それは彼の家族にとって大きな心配事でした。そして、それが彼の人生の困窮の始まりでした。
彼の代表作である『特性のない男』は印象的な箇所があり、三巻の連載として出版されましたが、その三巻目は未完のまま彼は他界してしまいました。