ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ジークムント・フロイト(1856 - 1939)

精神分析学者

精神分析学者。ウィーンで開業、精神分析学を創立。抑圧される無意識の欲望の根底に性的幻想をおいた。1938年ロンドンに亡命、同地で没。「夢判断」「精神分析学入門」など。

ジークムント・フロイトは、モラビア北部で1856年5月6日に生まれました。1881年にウィーン大学を卒業する前に医学を勉強していました。彼が特に関心をよせたのは神経学でした。神経疾患における研究の一部で、彼は痛みを消す性質を持つ麻酔剤コカインに出会いました。末期や睡眠状態の治療の共通の処置で、彼は電気療法を取り入れました。ヨーゼフ・ブロイアーと共に、精神分析を通じて精神疾患の治療のための処置を発展させました。それは、抑制された心的外傷体験の解放や精神浄化でした。これは、後にフロイトが発展させた精神分析学への第一歩を象徴するものです。
 
精神分析学を、潜在意識の熟練したこれまでの知識として、性欲の原動力中にある結果として生じる物事の実態と組み合わせました。そして、性欲は男性の主な衝動で、それは死の欲動を同様なものとして後々強めるものだとフロイトは主張し続けました。心理学や精神分析学におけるフロイトの研究に補足して、彼はいくつもの文化的で哲学的疑問を研究しました。このようにして、心理学の分野においてだけではなく、聡明な生活等の他の分野においても彼の影響力はありました。彼の最も知られている著書は、1900年に初めて出版された『夢判断』です。1938年にフロイトはロンドンに移り、1939年9月23日に他界しました。ウィーン9区にあるベルグガッセ19番地のフロイトの家兼診療室は改修され、現在はフロイト博物館となっています。


Sigmund Freud Museum Wien
Berggasse 19
1090 Wien
www.freud-museum.at