ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

スペイン式馬術学校

ホーフブルク王宮にあるスペイン式馬術学校の白馬たちが登場するガラ公演は、常に豪華なスペクタクルで、馬と乗り手と音楽の見事なハーモニーが観衆を魅了します。

Memorial in front of the Heldenplatz in Vienna
スペイン式馬術学校は世界で唯一、古典馬術を今日に伝えています。この高等馬術は、ルネサンス文化とともにウィーンにもたらされました。

皇帝フェルディナント1世の息子マクシミリアン大公は、1562年頃からスペイン馬の優れた品種をオーストリアに取り入れ、気性の激しい馬たちを調教するため、1572年には木材による「スペイン馬場」が建てられました。

1729年皇帝カール6世は、建築家ヨーゼフ=エマヌエル・フィッシャー・フォン・エルラッハに「冬の乗馬学校」の建設を委嘱、こうして厩宮の向かい側に豪華な乗馬ホールが建設され、1735年にオープンしました。

同年カール6世は、以降スペイン馬術学校で調教される品種について、1580年リピッツァ(現スロヴェニア)に設立された養馬場の馬、つまり名高いリピッツァ馬のみと定めました。

今日、オーストリアのリピッツァーナー馬の故郷はシュタイヤマルク州のピーバーです。ここで次々とリピッツァ馬が生まれ、バロックが生み出した芸術的品種の存続を保障しています。

白馬の調教風景を垣間見るには、公開されている「モルゲンアルバイト(朝の調教)」が絶好の機会です。通常は火曜〜土曜、10時〜12時30分。ガイドツアー(約1時間)も実施されています。
調教見学やガイドツアーに関する詳細(実施日、料金ほか)は
公式サイト(ドイツ語、英語)をご参照ください。

Spanish Riding School
Michaelerplatz 1(王宮ミヒャエル広場 入り口は丸屋根の下)
A-1010 Vienna

www.srs.at