ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

古城・宮殿ホテル

古城ホテルのタイプと基本構造古城ホテルの建築にはいくつかのタイプがあります。中世後半(12〜16世紀)に建てられたゴシックの砦、ルネサンス(16〜17世紀)の城、バロック(17〜18世紀)の宮殿、それ以降のロココ、アンピール、19世紀歴史主義時代の宮殿や城館などです。

Dürnstein / Wachau
数世紀にもわたる増築、改築の歴史をもつ古城ホテルには、これら様々な建築様式が融合しています。中世からルネサンス期にかけての防衛機能を有する城塞には、言わば地獄から天国までが凝縮されていました。

地下室には牢獄、拷問室などがあり、その上に武器庫、その上階には居間、寝室、台所などの居住空間、その上には、公式のセレモニーや饗宴に用いられた騎士の広間、そして最上階には礼拝堂がありました。

当時の拷問室は、今やフィットネスルームなどに変貌していますが、広間や礼拝堂は今日も、多くの催し物、結婚式や披露宴などに豪華な会場を提供しています。

文化のタイムトリップ
幾世紀にもわたり、貴族は、世俗文化の基本的な担い手でした。従って、多くの古城ホテルでは、代々の城主が蒐集した古典絵画のコレクションなど、貴重な文 化遺産の数々を見ることができます。廊下に飾られた彫像や、庭園の片隅の噴水などの中にも、重要文化財が含まれています。

味のタイムトリップ
古城が、まだ城として機能していた時代の正餐の模様は、映画化されたシェークスピア劇などから垣間見ることができますが、メニューに厳格な差別があったことは、画面だけでは不明瞭です。
とりわけ重要なのは、王侯貴族のスポーツであった狩猟が庶民には厳禁されていたことです。このため、ヴィルト(フランス語のジビエ)と呼ばれる野生肉料理や淡水魚料理も、王侯貴族の特権でした。
他方、家畜の肉や頭、内蔵などは、城主からも許可された庶民の御馳走でした。もちろん、民主主義の現代では、こうした差別は無くなり、あらゆる素材が貴族的に調理され食卓に供せられます。

リビングのタイムトリップ
古城からホテルへの改築にあたっては、最新の施設を導入しながらオリジナルの雰囲気を生かすことに、最大の努力が払われています。
また、画一化された最新のホテルと異なり、古城ホテルの客室は、それぞれ違っています。従って、繰り返しお気に入りのホテルを訪れ、ゴシックの部屋、ルネサンスの部屋、バロックの部屋などに住み、数百年前の城主の安楽椅子に身を沈めるのも、古城ホテルの醍醐味です。

主なホテル
パレ・コーブルク・レジデンツ(ウィーン)
ホテル・インペリアル(ウィーン)
シュロスホテル・デュルンシュタイン(ドナウ河畔・デュルンシュタイン)
シュロス・フッシュル(ザルツカンマーグート、フッシュル)
シュロス・メンヒシュタイン(ザルツブルク)
グランドホテル・サウアーホーフ(バーデン)
シュロス・クルムバッハ(シュタイヤタイヤマルク州クルムバッハ)
シュロス・ガーベルホーフェン(シュタイヤマルク州フォーンスドルフ)
シュロスホテル・マッツェン(チロル州ライト)


その他の古城・城館ホテルはこちら(ドイツ語)