ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

SL蒸気機関車

シュネーベルク登山鉄道、湖水地方ザルツカンマーグートのシャーフベルク鉄道、湖畔の蒸気船に接続するアーヘンゼー鉄道など、ウィーンやザルツブルク、インスブルックから日帰りでノスタルジーSLの旅が楽しめます。


シュネーベルク・アプト式鉄道 
特色:シュネーベルクは、ウィーンから日帰りで気軽に出かけられる山として伝統的なリゾート地となっている。シュネーベルクのパノラマの中をベルクハウスまで登る。海抜1795mの山上には食事や宿泊の施設も完備している。
運行区間:Puchberg am Schneeberg - Berghaus Hochschneeberg  時刻表を見る
運行期間:5月〜10月。SLは2013年6月30日~9月1日の日曜・祭日の一往復(上り11:20発、下り 15:15発)

www.schneebergbahn.at


ツィラータール鉄道/チロル州
特色:全長32km の区間を愛らしいSLが時速35キロでのんびり走る。アルムアプトリープ、ガウダーフェストなど伝統的な祭りや、リクエストによる特別運行の場合にはビュッフェも連結され、希望者は機関士席に同乗することもできる。チロル州案内
運行区間:Jenbach - Mayrhofen 時刻表を見る
運行期間:5月〜10月
www.zillertalbahn.at/

アーヘンゼー・アプト式鉄道/チロル州
特色:エメラルド色に輝くアーヘン湖畔へ走るアプト式SLで、ツィラータール鉄道や湖上遊覧船と組み合わせて、アルプスの自然を満喫することができる。夏の放牧地ガイスアルムはヨーロッパで唯一、船でのみ往復することのできる放牧地である。チロル州案内
運行区間:Jenbach - Ebenseespitze 時刻表を見る 
運行期間:5月〜10月
www.achenseebahn.at/

シュトゥーバイタール鉄道/チロル州
特色:シュトゥーバイタール鉄道駅の鉄道博物館には、1897年のギゼラ号を筆頭に、前世紀末から今世紀初頭建造の様々な車両が保存されている。ノスタルジー列車で風光明媚なシュトゥーバイタールをフルプメスまで旅することができる(事前予約必要)チロル州案内
運行区間:Innsbruck - Fulpmes  時刻表を見る
運行期間:ギゼラ号 5月半〜9月半。通常車両は年中運行。
www.stubaitalbahn.at

ピンツガウ鉄道/ザルツブルク州
特色:ホーエ・タウエルン国立公園のパノラマを楽しむSLは、海抜3674mのグロースヴェネディガーの山麓を走ってクリムルへ向かう。アルムアプトリー プなどの民俗行事に加え、クリムルの滝はヨーロッパ最高の落差400mで欧州会議の特別保護下にある。運行区間:Zell am See - Mittersill - Krimml
運行期間:7月〜9月 時刻表を見る
www.pinzgauerlokalbahn.at/

シャーフベルク鉄道/ザルツカンマーグート
特色:ザルツカンマーグートの景勝地ヴォルフガング湖畔のサンクト・ヴォルフガングから背後のシャーフベルクへ登るアプト式SLで、1993年に100周年を迎えた。ホテルもある山頂からはザルツカンマーグートとアルプスの雄大なパノラマが楽しめる。
運行区間:St.Wolfgang - Schafbergbahnhof - Schafbergalpe - Schafbergspitze 時刻表を見る
運行期間:5月〜10月半
www.schafbergbahn.at



アッターガウ鉄道/ザルツカンマーグート
特色:フェックラマルクトからザルツカンマーグート最大のアッター湖へ向かう狭軌鉄道(ディーゼル)で、ビュッフェ付きの伝統的な車両から牧歌的な風景を楽しむことができる。
運行区間:Voecklamarkt - Attersee 時刻表を見る 
www.stern-verkehr.at/ 

ケルンテン・ノスタルジー鉄道/ケルンテン州
特色:50年代の面影を伝えるSLは、鉄砲鍛治の町として知られるフェーラッハに向かう。ここからは、昔懐かしい“犬バス”が景勝地ローゼンタールを走る。フェーラッハの鉄砲鍛治博物館のほか、ドラウ川沿いには120km のサイクリングコースもある。ケルンテン州案内
運行区間:Weizelsdorf - Ferlach 
運行期間:7月〜9月
www.nostalgiebahn.at/

シュタインツ・フラッシェル鉄道/シュタイヤマルク州
特色:独特の味わいで愛されるシルヒャー・ワインは、シュタインツとその周辺のみで生産される特産品で、このSLでも、周辺の景色とともにシルヒャー・ワインを楽しむことができる。またシュタインツからはピーバー、ベルンバッハなどへも近い。
運行区間:Stainz - Wohlsdorf 
運行期間:5月〜10月
http://www.stainz.at/Flascherlzug.141.0.html

ムアタール鉄道/
シュタイヤマルク州
特色:1994年に100周年を祝ったSLには、フランツ・ヨーゼフ皇帝のサロンであった「ムアタールバー」あるいは「シュタイラーバー」が接続され、音楽と食事を楽しみながらタウエルン山系を望む景勝地を走る。アマチュア機関士コースもある。シュタイヤマルク州案内
運行区間:Murau - Tamsweg  
運行期間:6月〜9月 時刻表を見る
www.stlb.at/

ヴァルトフィアテル狭軌鉄道/ニーダーエステライヒ州
特色:ヴァルトフィアテル(森の地方)という名が示す通り、ボヘミアの森へ続く広大な森林地帯の一角に当たり、泥炭地や湿原の中を全世紀末以来伝統のSLが走る。特に国境の町グミュント近くのブロックハイデ自然公園は、理想的なハイキングコースとなっている。
運行区間:Gmuend - Altnagelberg - Litschau oder Heiden- reichstein 
運行期間:5月〜10月
www.waldviertlerbahn.at/

イップスタール鉄道/ニーダーエステライヒ州
特色:切り立った石灰岩の谷をエメラルド色の川が流れるイップスタールには、ヨーロッパでも数少ない純粋な自然が残っている。SLはこの渓谷を通って、小規模ながら美しいルンツ湖畔へ向かう。イップズィッツには、珍しい鍛治の博物館がある。
運行区間:Waidhofen /Ybbs - Gstadt - Opponitz - Hollenstein-St.Georgen/Reith - Goestling a.d.Ybbs - Lunz am See  
運行期間:年中運行
www.ybbstalbahn.at/

マリアツェル鉄道/ニーダーエステライヒ州&シュタイヤマルク州
特色:今世紀初頭に開通したオーストリア最古の電化鉄道は、サンクト・ペルテンから南下して山岳地帯へ入り、21のトンネル、75カ所の鉄橋と高架線で変化に富むピーラッハ渓谷を通りエッチャー山のパノラマを望みつつ、名高い巡礼地マリアツェルへ到着する。
運行区間:St.Poelten-Hauptbahnhof - Ober Grafendorf - Laubenbachmuelle - Mariazell  
運行期間:年中運行 SLは特別運航日のみ
www.mariazellerbahn.at/

エッチャーラント・エクスプレス/ニーダーエステライヒ州
特色:エッチャー・トーアモイアー自然公園の変化に富む自然の中、高度差400m の険しいコースを登る山岳鉄道で、1900年のSLあるいは1930年のディーゼル機関車が牽引し、多くの鉄橋を経てルンツ湖畔へ至る。
運行期間:5月〜9月
運行区間:Kienberg - Gaming - Lunz am See

関連情報:家族連れで楽しめるハイキング