ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

サンクト・マルガレーテン石切り場でのオペラ

ヨーロッパ最大の自然の舞台で奇抜な岩の構造物が、毎年夏に上演される華麗なオペラ作品に印象的な背景を形成しています。

Opera at the quarry St. Margarethen, Burgenland © OFS, Ricardo Herrgott
Opera at the quarry St. Margarethen, Burgenland © OFS, Ricardo Herrgott
 © Arenaria GmbH
© Arenaria GmbH
 © Roland Wimmer
© Roland Wimmer
 © OFS/Thomas Ludwig
© OFS/Thomas Ludwig

サンクト・マルガレーテン

地図上の[地名]
二千年もの間、ヨーロッパ最大の採石場から砂岩が切り出され、奇妙な岩の風景が造られました。これにより、巨体なオペラのステージセットが生まれ、現在ここはユネスコ世界文化遺産に指定されているノイジィードラーゼー湖地域の一部です。

こ こで1996年に、オリエンタル風の地形の景色を背景幕として、ヴェルディ作「ナブッコ」が初演のオペラとして上演されました。こうして、ヨーロッパ最大 の自然ステージが生まれました。一流の、歌手を出演者に迎えて、人気オペラ作品が上演されるフェスティバルには、今では毎年2万人を超すオペラファンが集まります。

新たにデザインされたフォイヤー公園には、美味しい料理が堪能できるお店がたくさんあるます。豊かな石灰分を含む土壌と、近くにあるノイジィードラーゼー湖 によって生まれる有益な微気候のお陰で、この地域には素晴らしいワインを生む条件がそろっていて、美味しいワインを提供する屋台がたくさんあります。毎 年、審査員によってその年の「フェスティバル・ワイン」が選ばれますが、このワインはまさにオペラ・シーズンのテーマにふさわしい美酒と言えます。

素晴らしい音楽と料理との共演を可能にしたこのロケーションの魔術によって、サンクト・マルガレーテンのオペラフェスティバルはあなたにとって忘れがたき体験となるでしょう。

2015年は「トスカ」が演奏されます。プッチーニの傑作オペラを息を呑むような舞台でお楽しみください。演出はロベルト・ドルンヘルム、音楽監督はミヒャエル・ギットラー、衣装デザインはアムラ・ベルクマン。
日程: 2015年7月8日~8月15日
開演: 21時
会場: 19時~
アクセス: ウィーンから公演日にはシャトルバスが出ています。(要予約)
詳しくは

なた、5年毎に行われるサンクト・マルガレーテンの受難劇は、この石切り場のオペラステージで上演されます。
次回の受難劇の日程:2016年予定