ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ウィーンの2つのリヒテンシュタイン宮殿

生の歓喜あふれるバロックの世界、リヒテンシュタイン・ガーデンパレスの世界でも最も貴重な個人美術コレクションと、旧市街のシティーパレスの豪華な部屋は限られた日のみご覧いただけます。

5世紀にわたって収集し続けられたヨーロッパ美術の珠玉の数々は、ウィーンのガーデンパレスに集約され、総合的に体感できるバロックの世界を作り出しています。

宮殿の入り口を抜けると、金の馬車が目を引く大広間サラ・テレーナが続いています。サラ・テレーナ、紳士・淑女アパルトマン、そして東西の階段の間の天井フレスコ画は1705年にヨハン・ミヒャエル・ロットマイアーによって描かれたものが、19世紀に上塗りされましたが、宮殿の改修時(2001年〜2003年)に再発見され、修復されて現在はオリジナルの姿でバロック本来のエレガンスと軽やかさがよみがえっています。

一階には起源が16世紀に遡り、10万冊以上の蔵書をもつ図書室、および特別展の展示室1,2,3があり、2階の第4室から第10室では常設展が見られます。

侯爵コレクションは、絵画だけでも1600点を超えますが、その中から14世紀から18世紀までの最も重要なコレクションから選り抜かれた170点以上の絵画、彫刻、家具などが展示されています。
ルーベンスのコレクションで有名なリヒテンシュタイン美術館で特筆すべきは、第7室に展示されているルーベンスの力作「デキウス・ムス連作画」。そしてウィーンでも最大の非宗教的バロックの部屋とされている壮大なヘラクレス広間です。第8室ではルベンスの娘クララ・セレーナと息子達の肖像画がハイライトです。第10室の大型箪笥バドミントン・キャビネットは必見です。
見学はガイドツアー(ドイツ語)のみ可能で、現在、月1~2回、金曜に行われています。見学希望の方は、予約が必要です。

また、2013年5月に新しくオープンしたバロック建築、リヒテンシュタイン・シティーパレスの豪華な部屋も同じ日の金曜にガイドツアーで見学できます。

ガイドツアー:月により定められた金曜日(リヒテンシュタイン宮殿のホームページで確認ください) 
ガーデンパレス 15時〜16時
シティーパレス   17時~18時半

グループ(25名まで)の見学は月曜から金曜の9時から10日前までの事前予約により、ガイドツアーが可能です。

料金:    ガーデンパレス 20ユーロ(グループは500ユーロ)
    シティーパレス 25ユーロ(グループは550ユーロ)
    コンビチケット 38ユーロ

ガーデンパレスへの交通アクセス:
市電DでSeegasse(ゼーガッセ)又はBauernfeldplatz(バウエルンフェルトプラッツ)下車。
バス40AでBauernfeldplatz下車。
地下鉄U4でFriedensbruecke(フリーデンスブリュッケ)駅から300m
所在地:Fuerstengasse 1, A-1090 Wien

シティーパレスへの交通アクセス:
地下鉄U3 Herrengasse(ヘレンガッセ)駅下車、徒歩数分。
所在地:Bankgasse 9, A-1010 Wien

www.palaisliechtenstein.com
liechtenstein-museum-heem