ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

音楽祭/フェスティバル

音楽の国オーストリアでは四季を通じて全国各地でさまざまなフェスティバルが開催されています。

 © Österreich Werbung
ウィーン
ウィーンの音楽シーズンは9月から翌年の6月まで。7月・8月は国立オペラ座、フォルクスオーパー、楽友協会(ムジーク・フェライン)、コンツェルトハウ スなどは夏休みに入りますが、数多くの夏の音楽イベントが幅広いプログラムを提供しています。その他、趣向をこらした旅行者向けのコンサートが市内あちこ ちで開催されています。

ウィーン芸術週間(フェストヴォッヘン/5月初旬〜6月)
外国からの公演が多く、質も高く、古典から前衛劇まで各国語で上演される演劇、現代作品を含むオペラ、パフォーマンスなどのプログラムは、かなり「通」向 きですが、コンサートは一般クラシック作品が中心です。市庁舎前広場での開幕式(無料)は毎年趣向を凝らしたプログラムで話題となります。

その他、春の音楽祭、イースター音楽祭、現代音楽祭、モーツァルト・フェスト、ハイドン週間、夏のオペレッタ・フェスティバルなど。

ザルツブルク
ザルツブルク音楽祭(7月下旬〜8月末)
前年秋にプログラムが発行され、チケット申し込み締切りは1月中旬。事務局からの返事は4月ころから発送されます。特にオペラなど人気のあるプログラムは毎年予約をする「常連客」を優先的に扱うため、チケット入手はかなり困難です。
その他、モーツァルト週間、復活祭音楽祭、聖霊降臨祭音楽祭などもあります。

その他の都市
ブレゲンツ夏の音楽祭(7〜8月)
スイスとドイツ国境近く、州都ブレゲンツの世界最大の湖上舞台で行われるオペラが有名です。3月〜4月には春の音楽祭も開かれています。

メルビッシュ・夏のオペレッタ音楽祭(7月中旬〜8月末)
ヨーロッパ最大のステップ湖ノイジィードラーゼー湖の湖上舞台で行われるオペレッタ。ウイーンからバスで約1時間30分。往復バスと観劇切符がセットのツアーもあります。夜に急に温度が下がる場合もあるのでセーター持参をお忘れなく。

シューベルティアーデ
5月、6月、8月。フォアアルクベルク州(スイス国境近く)のフェルトキルヒおよび周辺の町で行われるシューベルトを中心とした室内楽、リートの夕べ、コ ンサートなど。歌手のヘルマン・プライが発案者で、ペーター・シュライアーやディートリヒ・フィッシャー・ディースカウなど、そうそうたる歌手が出演して きました。非常に「通」向き。チケットは1年前くらいから申込み可。

バート・イシュル オペレッタフェスティバル
レハールゆかりの地、ザルツカンマーグートの「首都」バート・イシュルで毎夏開催。

モント湖音楽週間
ザルツブルク近郊の美しいモント湖で9月に開催。器楽・室内楽が中心の演奏会シリーズ。

国際ブルックナー音楽祭
ブルックナー生誕150周年を記念して、1974年に始められた国際フェスティバル。ドナウ河畔の街リンツで9月〜10月開催。ブルックナーハウスが主会場。

カリンシア夏の音楽祭(7〜8月)
イタリア・スロヴェニアと国境を接する高級リゾートとして知られたケルンテン州全体で行われる音楽祭。室内楽コンサート、観光客向きのプログラムが主。