ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ザルツブルク・イースター音楽祭

ザルツブルク・イースター音楽祭2014年のハイライトはリヒャルト・シュトラウスの「アラベラ」。

 © Tourismus Salzburg GmbH
クリスティアン・ティーレマンとザクセン・シュターツカペレ・ドレスデンは、2013年のザルツブルク・イースター音楽祭で衝撃的な音楽祭デビューを果たしました。2014年にティーレマンは、今度は芸術監督として、リヒャルト・シュトラウスとそのオペラ「アラベラ」をイースター音楽祭の中心に据えます。このオペラは偉大なラブストーリーであり、「アラベラ」役にルネ・フレミング、「マンドリア」にトーマス・ハンプソンといった素晴らしいキャスティングとなっています。コンサートのプログラムもヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとヴォルフガング・リームと並んで主にリヒャルト・シュトラウスの曲が演奏されますが、コンサ-トの中心はバイエルン放送コーラス、ティーレマン指揮によるモーツァルトの「レクイエム」そしてシュトラウスの「メタモルフォーゼン」となるでしょう。ザルツブルク・イースター音楽祭のコンサートでは、没後25年、音楽祭の創始者でもあるヘルベルト・フォン・カラヤンを偲びます。

音楽祭の客演者で、一番に挙げられるのがクリストフ・エッシェンバッハでしょう。エッシェンバッハは、人気の高いチェリスト・ゴーティエ・カプソンをソリストに迎えて、シュトラウスのオペラ「ドン・ジュアン」と「ドン・キホーテ」を指揮します。さらに、観客が期待する特別な初演も用意されています。シュトラウスのよく知られている、「4つの最後の歌」に、シュトラウスが作曲した最後の作品で、ヴォルフガング・リームがザルツブルク・イースター音楽祭のために管弦楽用に編曲した「マルヴェン」が加えられた演目です。ソリストには、ソプラノの新星アニャ・ハルテロスを予定しています。2013年から始まった「ザルツブルクのためのコンサート」は、大成功を収めたこともあり、モーツァルトとシュトラススの作品で2014年にも開催されます。

ザルツブルク・イースター音楽祭 2014年4月12日~4月21日 www.osterspiele-salzburg.at