ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

シーレの生地トゥルン

オーストリアの画家、エゴン・シーレの生地、トゥルンにはエゴン・シーレ美術館とトゥルン駅舎内にあるシーレの生家があります。

 © Daniel Hinterramskogler

世紀末芸術の画家エゴン・シーレ(1890-1918)はニーダーエステライヒ州トゥルンで生まれました。トゥルンにあるエゴン・シーレ美術館にはシーレの初期に描かれた油絵、水彩画やスケッチなど60点が展示されています。これらの作品は、シーレの子孫や、ニーダーエスターライヒ州立博物館、ウィーンのレオポルト美術館、ベルヴェデーレが所有するベスト・コレクションから貸し出されたものです。

Egon Schiele Museum in Tulln  エゴン・シーレ美術館 
Donaulaende 28
A-3430 Tulln
www.egon-schiele.eu

 

シーレの父親アドルフはトゥルンの駅長で、家は駅舎内にありました。このシーレの生家が2013年6月15日にオープン。翌16日より開館時間は毎日9~20時。入場料は2ユーロ。ここに10数年暮らしたシーレの生活と家族の歴史が紹介されています。 

生家の住所:
Hauptbahnhof Tulln  トゥルン中央駅
Bahnhofstrasse 69
A-3430 Tulln
www.tulln.at/erleben/