ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

多様性に富んだドナウ河流域

海に注ぐまでに、これほど多くの国々を貫流する河川は、世界でもドナウの他にありません。そのためドナウ河は、今までに無数の歌で賛美され、また、数知れぬ多くの人々がそこを旅してきました。この偉大なる河は、ドイツにその源を発し黒海に至るまで、実に2888キロにも及ぶ長い旅をしています。 ドナウ河が西から東へと流れる間に、ドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナの10カ国などを通り、ヨーロッパのライフラインとして、多種多様の人々・宗教・文化を調和のとれた形で結合しています。多様性に富み、ある時はのどかな、ある時は神秘的な表情を見せる岸辺の風景は、神話と伝説に彩られています。

Schlöging Loop in Upper Austria © Österreich Werbung/Horvath
Schlöging Loop in Upper Austria © Österreich Werbung/Horvath
Danube Linz with Ars Electronica Center © Österreich Werbung  Peter Burgstaller
Danube Linz with Ars Electronica Center © Österreich Werbung Peter Burgstaller
Danube Cycle Path Wachau © Österreich Werbung  Peter Burgstaller
Danube Cycle Path Wachau © Österreich Werbung Peter Burgstaller

ドナウ河が西から東へと流れる間に、ドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナの10カ国などを通り、ヨーロッパのライフラインとして、多種多様の人々・宗教・文化を調和のとれた形で結合しています。多様性に富み、ある時はのどかな、ある時は神秘的な表情を見せる岸辺の風景は、神話と伝説に彩られています。
 
中央ヨーロッパの歴史全体がドナウの岸辺で書かれたと言っても過言ではなく、何世紀も続けられてきた人々と文化の交流の足跡を、今日でもはっきりと見ることができます。強大な城、立派な修道院、壮大な宮殿など、ドナウの畔には数多くの歴史の証が並んでいます。
 
この河の流域の人々の足跡に触れるほかにも、長い歴史の中で第16代ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスや、神聖ローマ帝国のバルバロッサ=赤ひげ王とも呼ばれていたフリードリッヒI世からハプスブルク家に至るまで、ヨーロッパの伝説的な支配者たちが遺していった文化遺産を詳細に見ていくのも非常に興味深い体験です。国際的な観光協会や船会社の協力のおかげで、旅行者は中世の街レーゲンスブルクから出航して、パッサウとウィーンを経由して、ハンガリーの首都ブダペストへと至る「皇帝と王たちの道」と呼ばれる歴史的なのルートを旅する魅惑的な船旅が楽しめます。
 
手つかずの自然が広がる美しいドナウの湿地帯のような風景や、目を見張る美しさを見せるのどかなワッハウ渓谷などの景色や風物が堪能できる一方で、途中下船して数々の古い町やモダンな街を訪れる貴重な経験は、この旅を一際忘れがたい一生の思い出にしてくれることでしょう。
 
多様で革新的な文化を見せてくれる、ドナウ河畔にあるオーバーエステライヒ州の首都リンツは、様々な文化や芸術分野、メディアが互いに結びつくと、いかに素晴らしいものが生まれるかを如実に示しています。アース・エレクトロニカ・フェスティバル、市立芸術デザイン大学やレントス美術館の最新鋭の展覧会など、アート・ファンにとって、まさにリンツは絶対に見逃せない街です。また、この街は食文化においても多様性に富み、南ドイツ料理、チョコ共和国の南部の料理、オーストリアのモストフィアテル地方やワルトフィアテル地方の料理の他、リンツの歴史的なレシピなど、グルメを唸らせる美味しい料理が盛りだくさんです。
 
リンツを語る上で、忘れてはならないものが、アントン・ブルックナーの不朽の名作から、画期的な電子音楽ジャンルでの革新など、世界的な音楽分野への卓越した貢献です。興味深いのは、ここで作曲されたクラッシク音楽の多くが、文化的、政治的な要求や切望、または、その時代の欠点を反映しているという点です。また、リンツの音楽の最新のハイライトは、最近オープンした、ヨーロッパで最もモダンなオペラハウス、リンツ・ミュージックシアターです。このような劇場を建てる場所として、何世紀もの間、中央ヨーロッパの芸術と文化の発展に大きく影響を与えてきた最も重要な河の畔にあるリンツの街こそ最も相応しい所です。