ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

ウィーン・フォルクスオーパー

ウィーン・フォルクスオーパーは、ウィーンっ子たちに親しまれている劇場で、オペラ、オペレッタ、ミュージカルのスタンダードナンバー、現代バレエ、コンサートと極めて多彩なプログラムが繰り広げられます。

 © Volksoper Wien

今日のフォルクスオーパーは、1898年「皇帝記念市民劇場」としてオープン、当初は演劇を専門とする劇場でした。オペラや楽劇が演目に加えられたのは1903年からです。マリア・イェリッツア、レオ・スレザック、リヒャルト・タウバーなど世界的に知られる声楽家が、ここで活躍し、作曲家アレクサンダー・ツェムリンスキーも指揮者を務めています。

主要なオペレッタやミュージカル上演の際には、ドイツ語圏以外からのお客様のため、英語字幕が付けられます。なぜなら「オペレッタは全世界の人々に愛されているからです」。


2013/2014年のシーズンには約300の公演、約30の演目があります。
シーズンの中盤はオペレッタのプレミアが飾ります。2013年12月14日はヨハン・シュトラウス作曲「ヴェネチアの一夜」、2014年3月22日はメリッヒ・カールマン作曲「伯爵令嬢マリッツア」

ヴェネチアの一夜:2013年12月14・18・21・26・30日、2014年1月4・9・17・21日(英語の字幕入り)

伯爵令嬢マリッツア:2014年3月22・25・30日、4月1・8・16・22日、5月11・15・21日(英語の字幕入り)


ミュージカルのプレミアは2013年9月14日、スティーヴン・ソンドハイム作詞作曲「スウィーニー・トッド」。その他レパートリー作品としては、「ガイズ・アンド・ドールズ」、「ローマで起こった不思議な出来事」、「マイフェアレディ」、「キスミー、ケイト」の4つがあります。

スウィーニー・トッド:2013年9月14・19・21・25・27日、10月5・12・18日、2014年1月6・8・13日、2月3・9日
そのほかの上演日は
ガイズ・アンド・ドールズ:2014年1月25・31日、2月4・10・17・21日
ローマで起こった不思議な出来事:2014年4月5・6・13・24・30日、5月1・4・9日(ドイツ語上演)
マイフェアレディ:2013年12月29日、2014年1月3・7・16・20日、2月1・7・14日(ドイツ語上演)
キスミー、ケイト:2014年1月11・14・18・23・27日、2月8・11・13・18・24日、3月2・17・18日、6月2・7・12・15・17・28日(ドイツ語上演)


オペラファンにとっても、4作品が新演出で登場する新シーズンは楽しみが満載です。

ヴェルディ「イル・トロヴァーレ」2013年11月16日(初演)、11月19・22・27・30日、12月3・7・13日、2014年6月19・21・25・30日(ドイツ語上演)

ベンジャミン・ブリテン「アルバート・ヘリング」2014年2月15日(初演)2月19・23・25日、3月3・9・11・20日(ドイツ語上演)

ベートーヴェン「フェデリオ」2014年5月25日(初演)5月28・30日、6月1・6・11日(ドイツ語上演)

リヒャルト・シュトラウス「火の災い」2014年6月14日(初演)6月18・22日


ウィーン国立バレエの公演:
フォルクスオーパー初公演「メルヘンの世界バレエ」「輪舞」
メルヘンの世界バレエ:2013年10月19日(初演)、10月20・26・29日、11月24・29日
輪舞:2014年4月29日(初演)、5月2・26日、6月5・20・26・29日
その他レパートリー作品としては、「青ひげ公の秘密」、「夏の世の夢」等があります。


その他、再演やレパートリーのオペラ「魔笛」や、楽しいオペレッタ「こうもり」「メリー・ウィドウ」や、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」などが目白押しです。 


上記のスケジュールは変更されることもあります。詳しいスケジュールはこちら www.volksoper.at