ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ウィーン・フォルクスオーパー

ウィーン・フォルクスオーパーは、ウィーンっ子たちに親しまれている劇場で、オペラ、オペレッタ、ミュージカルのスタンダードナンバー、現代バレエ、コンサートと極めて多彩なプログラムが繰り広げられます。

 © Volksoper Wien

ウィーン

地図上の[地名]

世界指折りのオペラハウスであるウィーンのフォルクスオーパーは、オペレッタやオペラ、ミュージカル、バレエ公演のそ れぞれに一流歌手、俳優、ダンサーが登場し、幅広いジャンルを得意とするオーケストラとともに毎夕、ウィーンの音楽界に大輪の花を咲かせています。

今日のフォルクスオーパーは、1898年「皇帝記念市民劇場」としてオープン、当初は演劇を専門とする劇場でした。オペラや楽劇が演目に加えられたのは1903年からです。マリア・イェリッツア、レオ・スレザック、リヒャルト・タウバーなど世界的に知られる声楽家が、ここで活躍し、作曲家アレクサンダー・ツェムリンスキーも指揮者を務めています。

ヨハン・シュトラウスやフランツ・レハール、エメリッヒ・カールマンなど、カラフルで変化に富み軽快な旋律のオペレッタの上演を専門としているウィーンの 劇場はフォルクスオーパーだけで、音楽ファンにとっては見逃せないスポットです。毎年9月から6月までのシーズンには、約30の様々な演出による300回 の公演が繰り広げられます。

オペレッタだけでなく、オペラやミュージカルの名作、バレエが登場します。モーツァルトの「魔笛」やミュージカル「マイ・フェ ア・レディ」、バレエ「真夏の夜の夢」など、レパートリーの豊かさを誇るフォルクスオーパーは比類のない劇場です。座席数は1300席。主要なオペレッタやミュージカル上演の際には、ドイツ語圏以外からのお客様のため、英語字幕が付けられます。なぜなら「オペレッタは全世界の人々に愛されているからです」。

www.volksoper.at