ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ケルンテン州のカースヌーデルン

ケルンテン州料理の主な食材といえば、穀類や乳製品、肉、数多い湖で捕れた魚です。この地域の有名な料理のひとつが、チーズを中に入れたパスタ「カースヌーデルン」です。

 © Rita Newmann Lebensministerium
ケルンテン州のカースヌーデルン


一見、丸い餃子のような形のケルンテン州のヌードル(パスタ)。中に入れるのは、チーズであったり、ひき肉だったりします。ここでは基本のチーズ入りのヌードルをご紹介します。
 

材料(68人分)

生地:
*振るった小麦粉 400g
* 卵1/2個
* 水 150cc
* 塩
* オリーブオイル 大さじ1杯
* 塗る用の卵

Fülle: 詰め物:
*カッテージチーズ 500g
* 丸パン(ハードタイプ)をサイコロ状にしたもの 130g
* バター 70g
* 牛乳 200cc
* みじん切りにした玉ねぎ 50g
*  茹でたじゃがいも 100g
* みじん切りにしたミントの葉 大さじ2杯
* みじん切りにしたセルフィーユ大さじ2杯
* 白コショウ
* バター 80g
*飾り用のアサツキ


作り方:

①小麦粉と卵、水、オリーブオイル、塩を一塊になるまでこねる。まとまったら、20分おき、薄く伸ばす。
②バターで玉ねぎを焦がさないように炒める。サイコロ杖のパン、カッテージチーズに牛乳を加えます。そこに炒めた玉ねぎを加え混ぜる。
③じゃがいもを裏ごしし、調味料を加え、②に混ぜ合わせる。
④一つが約40gになるように丸める。
⑤④をそれぞれ①で包み込み、端に卵を塗ってくっつける。上下をきちんと閉じ、茹でている間に中身が出てこないように端を少し強めに押す。
⑥約6cmの大きさで、半月の樽のような形を作り、へりは隙間をなくすように押す。
⑦沸騰した湯で約15分茹で、茹であがったら取り出す。
⑧水分を切り、バターとアサツキで飾って完成。