ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ウィーン風アップルパイ作り

ウィーン風アップルパイ、アプフェルシュトゥルーデルは皆に愛されるお菓子です。シェーンブルン宮殿のカフェ・レジデンツでは伝統的なレシピにより作り方を教えています。

 Apfelstrudel © Österreich Werbung/Eisenhut & Mayer

ウィーンでは、菓子職人達は何世紀にも渡り、アプフェルシュトゥルーデルの中身にパン粉とレーズンを入れるべきかどうかを議論してきました。この論議は有名なカフェやレストランがそれぞれの結論を見出したとしても、いまだに続いています。従って、一番よいのは自分で焼いて、試してみることでしょう。そこで、シェーンブルン宮殿の宮廷御用達の伝統あるカフェ・ベーカリーでは、プロフェッショナルなパティセリと一緒に、オリジナルのウィーン風アップルパイ作りをデモンストレーション・キッチンで実際に体験することができます。

 

参加者はこの有名なウィーンのデザートがどうやって作られるか、学ぶことができるだけではなく、自宅でもオリジナルのアプフェルシュトゥルーデルを作ることができるよう、レシピが伝授されます。参加者はデモンストレーションの後、焼きたてのパイを試食します。焼きたてパイの香りと味覚を家までお持ち帰りください。

参加お申込みは現地でもできますが、グループは要予約。
カフェ・レジデンツ Cafe Residenz, Schloss Schoenbrunn

YouTube