ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

コーヒー、ケーキ

オーストリアでは午後のコーヒータイムを「ヤウゼ(Jause)」と呼びます。ヤウゼにはカフェハウスやカフェ・コンディトライに人々が集まり、メールシュパイゼと呼ばれるケーキ類を楽しみます。

Coffee House Sign Salzburg © Österreich Werbung/Wiesenhofer

代表的なコーヒーの種類

ウィーンのカフェハウスは、コーヒーの種類が極めて豊富で30種類以上もあります。ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

メランジュ Melange 
ウィーンのコーヒーハウスで最もポピュラーなコーヒ。ミルクにホイップクリームと泡立てたミルクを加えたもので、ソフトな味わい。

ブラウナー Brauner 
生クリームまたはミルク入りの一般的なコーヒー。大(グローサーGrosser)と小(クライナーKleiner)がある。

カプツィーナ Kapuziner 
ホイップクリームを浮かせカカオの粉をふったもの。

モカ Mocca 
濃いブラックコーヒー。シュヴァルツアーともいわれる。小さなデミタスカップで出される。

アインシュペナー Einspaener 
ホイップクリームを入れ粉砂糖をふって、持ち手のついた背の高いグラスで供されるのが正式。日本式の「ウィンナーコーヒー」に最も近い。

アイスカフェ Eiskaffee 
日本のアイスコーヒーとは異なり、グラスにバニラアイスを入れ、冷たいモカを注いでホイップクリームを添えたもの。


代表的なケーキ


アプフェルシュトゥルーデル Apfelstrudel 
ごく薄いパイ皮にたっぷりのリンゴを包んだアップルパイで、トルコから入ってきた。

トプフェンシュトゥルーデル Topfenstrudel 
クリーム状のチーズを中身にしたチーズパイ。

ミルヒラームシュトゥルーデル Milchrahmstrudel 
トプフェンシュトゥルーデルの中身に、ミルクを加えてやわらかくしたもの。温めてバニラソースをかけて食べる。

パラチンケン Palatschinken 
クレープよりは厚めで、アンズジャムやトプフェン、アイスクリームなどを中に巻き込み、バニラソース、チョコレートソースなどをかけて食べる。

クラプフェン Krapfen  
アンドーナツのように揚げたアンズジャム(時にはカスタードクリーム)入りのドーナツ。

ゲルムクヌーデル Germknoedel  
日本のあんまんを大型にしたような形で、中味はプラムジャム。粉砂糖とケシの実を混ぜたものをたっぷりとかけ、さらに溶かしたバターをかける。

グーゲルフップフ Gugelhupf 
オーストリア各地に見られるリングケーキ。様々なバリエーションがある。

カイザーシュマーレン Kaiserschmarren 
パラチンケンの生地にレーズンを加えオーブンで焼いた後、細かくちぎり粉砂糖を振りかけたもの。

カーディナルシュニッテ Kardinalschnitte 
メレンゲとスポンジケーキが交互に並んだ上下層の間に、クリームをはさみ込んだソフトなケーキ。

リンツァートルテ Linzertorte 
リンツから全国へ広まったケーキ。厚いジャムの層が特徴。

ザッハートルテ Sachertorte 
世界的に知られるウィーンの名物。伝統を誇るホテル・ザッハーのチョコレートトルテ。

ザルツブルガー・ノッケッルン Salzburger Nockerl 
小麦粉と玉子と粉砂糖でメレンゲ状に仕上げた菓子。一見量は多いが軽いのでたくさん食べられる。

伝統的カフェハウス

カフェハウス独特の雰囲気は次のような構成要素から醸成される。これらのすべてでなくとも、いくつかの条件を備えた店は伝統的スタイルと云える。

ヘル・オーバー Herr Ober
給仕が男であること。黒のスーツまたは白い上着に蝶ネクタイというスタイルが多い。「オーバー」はオーバーケルナー、つまり給仕頭の略だが、実際にはどの給仕にもヘル・オーバーと呼びかける。ベテランとなると威厳があり、各種情報に通じているが自身は特別な場合以外中立の立場をとる。気に入った客には極めて親切である。
カフェハウス文学の中でもしばしば重要な役割を演じ、作家フリードリヒ・トールベルクは、あるオーバーケルナーの死に際して美しい追悼文を残している。

新聞 Zeitung
エスプレッソなどでも2〜3の新聞は置いてあるが、本格的なところでは、オーストリアの新聞ばかりでなく世界各国の重要な新聞が豊富に揃っている。いくつかの新聞を読み比べたいときなどに大変便利である。

コップ入りの水 
Wasser
コーヒを注文すると、小さな銀の盆にコーヒーとコップ入りの水が乗って出てくる。水も別注のヨーロッパにあって、これはウィーンならではの例外的な大サービスである。
因みに、ウィーンをはじめオーストリア主要都市の水はアルプスの清水を源泉とする水道で、硬水だがおいしく、安心して飲むことができる。

シャニガルテン Schanigarten
テーブルや椅子を外にならべ、鉢植えの木などで囲ったものをシャニガルテンと呼ぶ。シャニとは一番下っぱの若い給仕のことで、彼らがテーブルや椅子を外へ運んだり又片付けたりするため、この名がついた。

フェンスターロジェ、シュピーゲルロジェ Fensterloge,Spiegelloge
コの字形又は半円形に仕切られた席をロジェといい、窓ぎわにあるのがフェンスターロジェ、大鏡の前のものがシュピーゲルロジェである。

カルテンティッシュ、ビリヤードティッシュ Kartentisch,Billardtisch
伝統的な店にはよくカード遊びやチェス用のコーナーがあり、またビリヤード台が置かれているところもある。