ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

シュタイヤマルクのカボチャ・グルメ週間

グラーツの南西部の地域のレストランでは、"黒い黄金"とも呼ばれるシュタイヤマルク州特産のパンプキンシードオイルを使ったスープからデザートまでの創作料理が、10月までのグルメ週間で満喫できます。

 © Therme Laa – Hotel & Spa
© Therme Laa – Hotel & Spa
 © Kurt Wichael Westermann
© Kurt Wichael Westermann
 © Thermenland Steiermark
© Thermenland Steiermark
 © Steiermark Tourismus / Foto: Reinhard Lamm
© Steiermark Tourismus / Foto: Reinhard Lamm

オーストリアシュタイアーマルクシュタインツ

地図上のオーストリアシュタイアーマルクシュタインツ

シュタイヤマルク州南部にはシュタインツ、ラサッハ、ドイチュランズベルク、ホレンエッグ、シュヴァンベルク、サンクト・マルティン、アイビスヴァルト、ヴィース、スルメック・グライトの9つの村を結ぶオイル街道があります。この街道にある22のレストラン、14件のカボチャ農家、5つの製油所はパンプキンシードオイル・コミュニティを成し、カボチャの収穫時期の夏から秋にかけて毎年、カボチャ週間を開催しています。2013年は10月27日までです。

 

シュタイヤマルク州のパンプキンシードオイル

 

現代の消費者は、値段に対して十分価値あるものを求めています。しかも食に対して高い品質を見定める力を持っています。このような要求に対応して、家族経営でありながら、最新のハイテク技術で作られ、しっかり品質管理がされているパンプキンシードオイルは、オーストリアの最も自慢の食品の一つです。地域オリジナルのカボチャの種子から作られたシュタイヤマルク州のパンプキンシードオイルは100パーセントのピュアオイルであることが保障されています。味と香りが豊かであるだけではなく、100%コレステロールフリー、ビタミンEと必須脂肪酸、フィトステロールが豊富、前立腺および過敏性膀胱にプラスの効果があるといわれています。

品質管理のワグナー研究所とグラーツ工科大学の科学的研究によると、この地域のオイルは効果の高い抗酸化物質が豊富であることが判明しました。これは、心臓病、循環器疾患、細胞の老化の防止に大切な要素です。卓越した抗酸化効果をもつ、シュタイヤマルク州パンプキンシードオイルは健康食品であることに間違いありません。