ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

トマト農園エーリヒ・シュテコヴィッチ
オーストリア政府観光局のお勧めヒント

店頭から姿を消した古き良き味わいを求めて、エーリヒ・シュテコヴィッチは全世界のトマト種を集めました。現在、ノイジードラー湖に近い彼の農園では、3200種以上の古い品種が栽培されています。

Tomatoes grown by Erich Stekovics © www.stekovics.at
Tomatoes grown by Erich Stekovics © www.stekovics.at
Erich Stekovics Tomatoes © www.stekovics.at
Erich Stekovics Tomatoes © www.stekovics.at

Frauenkirchen, Schäferhof 13

地図上のFrauenkirchen, Schäferhof 13
彼はブルゲンランド州で最も先進的な農場経営者であり、こよなく愛するトマト生産で、大きな成功を収めています。彼の説では「トマトは素晴らしい野菜」であり、「パラダイザー(パラダイスの野菜)」と呼ばれるのも当然のことなのです。
シュテコヴィッチは、世界最大のトマト品種コレクションを有しています。中欧最大の平原湖であるノイジードラー湖周辺は、トマト栽培に理想的な気候風土を提供しています。年間の日照時間が300日に上る地方で、シュテコヴィッチは極めてユニークな栽培方法を実施しています。
彼は水撒きもしなければ、支柱も付けません。これによって古いトマト種の、豊かなアロマと深い風味が生まれるのです。収穫後のトマトは直ちにスーゴ、ピューレ、チャツネなどに加工されます。これらの名品は、現地の農場や高級専門店でご購入いただけます。
7月から9月までの毎日、シュテコヴィッチは自らの農場を見学者に公開しています。
www.stekovics.at