ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

ロブマイヤー
オーストリア政府観光局のお勧めヒント

かつての皇帝御用商人ロブマイヤーは、ウィーンのグラス文化と照明デザインの代名詞として世界中に知れ渡っています。このグラス王国は、今日では伝統品と並びオーストリアの若手デザイナーの創作品にも重きを置いています。

Lobmeyr glasses © Lobmeyr

Wien、Kaerntnerstrasse 26

地図上のWien、Kaerntnerstrasse 26
ロブマイヤー社は1823年にケルントナー通りで1軒の専門店を開店したことから始まりました。今日のグラス工房と高貴な雰囲気の店舗はロブマイヤー家の6代目が継いでおり、著名人の顧客としては女王エリザベス2世やエルトン・ジョンなどが有名です。
グラスの魅力を永続的なものとするため、ロブマイヤーでは今日でもグラス加工や造形の可能性を追求しています。そしてロブマイヤーは伝統品―シャンデリアや口吹きのカラフェ―と同じように若いオーストリアのデザイン業界にも力を入れています。
ウィーンのLUCY.DやDuo Polkaなどの素晴らしい若手デザイナー達は既に器やカラフェをロブマイヤーのために創作しました。そして2007年にはデザイナーのミキ・マルチネクがモスリングラスから口吹きで自ら作り上げたロブマイヤー・アハテル・グラスによりアドルフ・ロース国家デザイン賞で表彰されています。