ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

新着情報・トピックス

オーストリアのホットニュース、トピックス、サイトの新着・更新情報などをお届けします。2015.5.01に更新しました。また、フェイスブック「オーストリアファンブック」でもホットなニュースを発信しています。

 © Heinz Holzmann

2015.5.1.
スワロフスキー社が創立されて120年、クリスタルのテーマパーク、クリスタルワールドができて20年を記念し、スワロフスキー・クリスタルワールドが大々的な改装を終え、昨日再オープンしました。さらに魅力的になったクリスタルの世界をぜひご訪問ください。場所はチロル州ワッテンス。インスブルックからシャトルバスも出ています。詳しくは

2015.5.1.
ウィーン少年合唱団は来日公演が2015年で60周年を迎えます。今年も東京で5/5、5/6、5/22、5/25、6/11、6/13、6/14にコンサートが行われます。詳しくは 

2015.4.30
5月のウィーン 国立オペラ座での日本語ガイドツアーについてお知らせいたします。
午後3時:1、2、5、8、9、10、12、14、16、18、21、23、24、26、29、30日
午後3時30分:6、11、13、15、22日
午前10時:3日
日本語ガイド休み: 4 、7 、17、 19 、20 、27 、28、31日

2015.4.14
2015年4月20日(月)~23日(木)にかけザルツブルクの「モーツァルトの生家」は修復工事となり、見学はできません。詳しくは

2015.3.30
ウィーンの美術展の日程の変更:
1.アルベルティーナ美術館で5月から予定していたムンク展は今秋に延期されました。
2.プリンツ・オイゲン冬の宮殿で行われる、「レンブラント - ティツィアン - ベロット。ドレースナー美術館の精神と輝き」展の日程は2015年6月11日~11月8日までになりました。

2015.3.30
2015年4月におけるウィーン 国立オペラ座の日本語ガイドスケジュールをお知らせいたします。
午後1時:2、5、8日
午後3時:1、3、4、6、7、10、12、13、16、17、18、19、20、23、
25、27、30日
午後3時30分:28日
日本語ガイド休み:11 、14 、15、 21 、22 、24 、26、29日

2015.3.26
ウィーンの交通局のサイトでは、ルート検索の 機能ができました。どこから、どこまでを現地表記の地名や番地をいれると、路線・時刻検索ができます。Aは出発地点,Bは到着地点、abfragenは検索、 jetztは現在時刻、Abfahrtは出発、Ankunftは到着。例えば、ウィーンのシュテファンプラッツ駅からシェーンブルン宮殿駅までといった市 内の路線案内から、ウィーン空港からザルツブルクまで、などオーストリアの各地への路線案内もできます。ただし、検索する地名はプログラムに登録されてい る駅名や停留所名からしか選べません。

2015.3.4.
ユーレイル・オーストリアパスまたは、ユーレイルリージョナルパスの購入で、無料で通用日1日間追加されるキャンペーンを4月30日まで実施中(オンライン購入は4月27日まで)。利用期間は発券から6か月。詳しくはレイルヨーロッパウェブサイトをご覧ください。

2015.3.4.
国際コンサルティング企業マーサーの2015年度世界生活環境調査で、ウィーンは6年連続、最も住みやすい都市に選ばれました。

2015.3.2.
恵比寿にあるウェスティンホテル東京の「ザ・テラス」では3月31日(火)まで、本格的なオーストリア料理をブッフェスタイル楽しめる「オーストリア フードフェア」を開催中です。

2015.3.2
2015年3月の 国立オペラ座での日本語ガイドについてお知らせいたします。
午後3時から:1、3、4、5、7〜12、13、14、15、17、20、21、22、27、28、30、31日
午後3時30分から:2、13、18、19日
休み:6、16、23〜26、29日

2015.2.4
2月のウィーン国立オペラ座のバックステージ日本語ガイドツアーについてお知らせいたします。
午後1時: 7、15日
午後3時: 1、5、6、8、16、18、19、21、22、23、25、27、28日
午後3時30分: 17、20、24日
休み: 2、3、4、9~14、26日
料金:大人 7.5ユーロ、65歳以上 6ユーロ、 学生 3.5ユーロ

2015.1.10
リヒテンシュタイン・ガーデン宮殿でミュージアムの特別観覧+ディナーが催されます。

日程:2015年1月21日.と2月11日
時間: 入館18.00 時~
ミュージアム開館 18.30 時
バロックディナー: 19.30 時
料金: 一人 108,-ユーロ (ウェルカムドリンク、ミュージアム入場、ガラディナー、ワイン含む)
申し込み

2015.1.10
二年ごとにウィーンで行われる「レストランウィーク」は2015年2月23日から3月1日に行われます。
特別メニュー(各2コース)は共通でランチ14.50ユーロ、ディナー29.50ユーロ(2つ帽の高級レストランはそれぞれ10ユーロ増し)。参加レストランはDas Schick, dasTurm, Stadtgasthaus Eisvogel, Harry's Time, Kristian's Monastiri, Le Salzgries, Settimo Cielo, Kutschker44, Kornhäuslturm, ef16 など。

2015.1.10
2015年1月の 国立オペラ座でのバックステージ日本語ガイドツアーの日程をお知らせいたします。
午後3時 - 1、2、3、4、7、11、13、15、16、19、20、21、24、25日
午後3時30分 - 5、8、12、26、30日
休み - 9、10、17、22、23、27、28、29、31日
料金:大人 7.5ユーロ、65歳以上 6ユーロ、 学生 3.5ユーロ

2014.12.15
ウィーン中央駅がオープンしました。それまで南路線はウィーン・マイドリングが代替駅でしたが、中央駅からご利用できます。そのほか中央駅ができたことにより様々な改良点、変更点があります。詳しくは

20104.10.27
チロル州ワッテンスにあるスワロフスキークリスタルワールドは拡張工事のため、2015年4月まで休館です。5月までお待ちください。

2014.10.20
ウィーンの中央墓地に2014年10月13日、新たに葬儀博物館がオープンしました。300㎡に葬儀に関する250点、昔の写真、墓地に関する資料などが展示されています。開館時間は月曜から金曜の9時から16時半まで。www.bestattungsmuseum.at

2014.10.20
オーストリアの現代アートの祭典/見本市、Art Austria 2015はレオポルト美術館で2015年3月19日~22日に開催されます。

2014.10.20
ウィーンの民俗学博物館は2013年4月に世界博物館(Weltmuseum)と名称が変わりましたが、2014年11月3日から2016年末まで、大改装のため休館します。

2014.6.13.
2019年のノルディック・ワールドカップはチロルのゼーフェルトに決まりました。

2014.6.13
ウィーンのホテル予約・お問い合わせのオフィスは日曜がお休みとなりました。
Wien-Hotels & Info
月~土曜 9 ~ 19 時
info@wien.info
Tel.: +43 1 24 555


2014.5.26
ブレゲンツに拠点を持つ地方の航空会社、インタースカイは2014年6月より、グラーツとザルツブルク間を一日一便運航。土曜を除く毎日グラーツ発12:30、ザルツブルク発16:35。所要時間は45分。

2014.5.26
ウィーンで最も小さなコーヒーバーが市電停留所グリンツィングにできました。ウィーンといえばコーヒー。ウィーンにカフェは無数ありますが、エスプレッソモビール・バーはウィーン最小のコーヒーを提供してくれる場です。 エスプレッソモビール社のコーヒーケースは技術革新により、どんなエレベータの中にでも納まるほどのサイズに設計されています。このコーヒーバーは、狭い通りに完全に溶けこむだけでなく、グリンツィングのエレガントな雰囲気にもマッチしています。 営業時間は平日7時から19時まで、土日祝日は午前10時から18時です。

2014.5.13.
オーストリア国鉄はじめ、各州や都市交通にはシニア料金というのがありますが、適格年齢が2014年1月から変わりました。今まで女性は60歳以上、男性は65歳以上でしたが、一律61歳以上となりました。ただ、この年齢は二年ごとに一歳づつ引き揚げられていきます。2016年1月よりは62歳に、2018年には63歳からとなります。最終的には男女とも65歳以上がシニア料金となるわけです。

2014.5.13
インスブルックカードの料金が2014年5月1日より値上がりました。
24時間-33ユーロ、48時間-41ユーロ、72時間-47ユーロ。

2013.9.2.
無料のiPhoneアプリ「ドイツ語入門単語」ができました。ドイツ語を学んで、オーストリアにお出かけするのはいかがですか?詳しくは



2013.6.11
インスブルックに新しいホテルが2013年6月21日にオープン。中央駅のすぐ北側に聳える山の景色が見渡せるデザインホテル「アードラーズ(鷲)」です。75部屋。最上階のパノラマ・レストラン/バーからは季節によって、天候によって、時間によっていつも違ったすばらしいアルプスと街の景色が望めます。www.deradler.com

2013.3.1
長年改修工事で閉館していたウィーン美術史博物館のクンストカマー(美術工芸館)が2013年3月1日に再オープンしました。