ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

クリスマスキャロル「きよしこの夜」

異なる国と文化を持ったすべての人々の心を捉える「きよしこの夜」は、平和への深い考察と切望を表現した歌です。

Silent Night Museum Hallein © stillenachtland.at

Oberndorf bei Salzburg

地図上のOberndorf bei Salzburg

天来の偶然が、二人の人物をザルツブルク近郊のオーベルンドルフで引き合わせました。その人物とは、聖ニコラウス教会のオルガン奏者であった教師のフランツ・クサーヴァ・グルーバーと、この教会で1817年から1819年まで司祭を務めたヨーゼフ・モールです。着任したばかりのモールは、この聖歌の歌詞の基を、すでに詩として書いて持っていました。その一年後、グルーバーがその詞のための感動的なメロディを作曲しました。1818年の12月24日の夜に、この聖歌が初演され、世界中の人々に愛されることとなるクリスマスキャロルが誕生したのです。

当時、ナポレオン戦争により、ヨーロッパは徹底的に破壊され、国境線が引き直されました。この時期、オーベルンドルフも他国の支配下にありました。オーベルンドルフの人々は、何年もの間厳しい時代を過ごしていました。社会全体を取り巻くこの圧制の暗い空気に対して、モールとグルーバーはこのクリスマスキャロルによって少しでも人々に希望を与えたいと願ったのです。後の世界は、彼らの願いが叶ったことをよく知っています。

メディアやデータ通信の技術がなかった時代に、このクリスマスキャロルが完成して間もなくオーストリアの国境を越えて伝わって行った事実は、この歌の秘めた力と共に、歌手でもあった当時の旅商人に因るところが大きかったのです。彼らはこのキャロルをドイツの見本市で歌い、プロイセン国王の王宮で披露し、1854年にはプロイセン宮廷の音楽監督がこのキャロルの楽譜を所望され、それにより作曲者のグルーバーはその創作の歴史を執筆し、その中で1818年のオーベルンドルフでのクリスマス・イヴの詳細な模様が事細かに描写されました。

このクリスマスキャロルの歌詞が、音楽の翼に乗って遠くへ伝わったのも確かですが、この歌を聞いた者は誰でも、その誕生時の素晴らしい秘密の大いなる歓喜がそうさせた事が十分認識できるでしょう。

役立つリンク:

「きよしこの夜」チャペル
このサイトでは、この人気のクリスマスキャロルの起源と発展について紹介しています。
www.stillenacht.at

「きよしこの夜」博物館
オーベンドルフは、「きよしこの夜」と暮らしの博物館の故郷です。当博物館では、主に「きよしこの夜」の発展と普及にスポットを当てています。
開館時間:毎日9.00~16.00。降臨節中は、9.00~18.00。2月は休館。www.stillenacht-oberndorf.at

「きよしこの夜」ゆかりの地
このサイトでは、「きよしこの夜」地域であるアーンスドルフ、ハライン、マリアプファール、オーベルンドルフ、ザルツブルク、ヴァグクラインに関する、知っておきたい様々な興味深い事柄について知ることができます。
www.stillenachtland.at

ハラインのケルト博物館
「広く知られた‘きよしこの夜’が作曲された本当の理由」と題された書物は、ハラインにあるケルト博物館の「きよしこの夜」公文書館に保管されてあり、フランツ・クサーヴァ・グルーバー自身が書いた証言書です。本書には、1818年、オーベルンドルフのクリスマス・イヴについて、真の事実だけが書かれています。
www.keltenmuseum.at