ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ニーダーエステライヒ州のワイン文化

古代ローマ人はローマ帝国の北の属州であった恵まれた土地にブドウを栽培していました。今でもニーダーエステライヒ州では、ブドウは肥沃な土壌に植えられています。ニーダーエステライヒ州のワインに情熱を燃やす醸造者たちによって、ワインは楽しめる文化遺産として大切に守られ、崇拝される地位にまでに昇華されました。

Wachau Vineyards © Österreich Werbung/Himsl

カルヌントゥムでは、オーストリア最大のローマ時代の遺跡発掘現場を見ることができます。この遺跡は、2000年前に軍事司令官ティベリウスが造った古代ローマ人入植地の周囲に初めて作られた広大なブドウ園の跡です。ここがブドウ園であった証は、発掘された遺物や植物の跡からも分かります。しかし、今でもまだ遺跡のほんの一部分しか発掘されていません。現在、この石灰レス土壌の長い歴史の深みから、情報を我々に与えてえてくれるのはゲットレスブルンの中心に位置するこの小さな地域で生産されている素晴らしいクヴェ赤ワインです。カルヌントゥムでの体験の一つとして、古代の息吹を感じることが出来る、ルビン・カルヌントゥムのワイナリーが生産するワインの特別テイスティングが行われ、誰でも参加することができます。その他、カルヌントゥムの体験プログラムには、ドナウ・マルヒ・アウエン国立公園の近くにある、ハプスブルク家の狩猟用ロッジであったシュロス・ホーフで行われる壮大なバロック・フェスティバルや、ブドウ園ツアー、レストランやワイナリーでゆったりとくつろぎながら楽しめる「ワインとディナー」を味わう夕べなど様々なイベントがあります。

クレムスの北方、ドナウ河に向かって広がるカンプタール渓谷のワインは、南から当たる太陽を一杯に受けて熟成したブドウから作られます。その明確で透明感のある味わいは、ヴァルトフィアエテル地方の涼しい向かい風と粘土と黄土と先史時代の岩石が混じった台地に育ったグリューナー・フェルトリーナー種とリースリング種の白ブドウから生まれます。この地方の誇りであるこのワインは、ユーチッチやブリュンドゥルマイヤーといったワイナリーで生産されています。これのような醸造所や、その他ランゲンロイスの700軒にも及ぶワイン生産者たちは、自分たちの造るワインの自己賛美者であり、ニーダーエステライヒ州のワインの新しいパイオニアでした。誇り高き彼らのワインは、ブドウ園に囲まれ、艶消しのアルミニウムで作られた未来的な球体の建物-ワイン体験の世界「ロイジウム」-で競い合っています。ここはビジター・センターとなっており、ワインの魂を知るための地下への旅の出発点となっています。最も古いもので900年前に作られたアーチ状の天井を持つワインの地下貯蔵室は、音と光と映像でドラマチックに演出され、訪れる人々に活き活きと知覚できる体験を通して、聖書にも出てくるこの聖なる飲み物の秘密を紐解いてくれます。また、展示物によって、ワイン醸造の独特の技術がわかりやすく説明されています。バロック時代のワイン醸造主の家や現代のブドウ畑を巡るツアーでは、神話の時代から現代までのワインの歴史を見ることができます。3月には、ロイジウムで文学と音楽のフェスティバル「ロイジアルテ」が開かれ、ここのワインセラーは特に賑わいを見せ、趣ある演出の中で美味しいワインと料理が満喫できます。

高度がある急斜面が、狭い岩の台地から切れ落ちるようにドナウ峡谷に向かう地形を特徴とするワッハウ地方の風景。メルクからクレムスまで広がる地域には、多くの修道院や魅力的な教会や古い町並みが点在しています。この地方でもリースリング種とグリューナー・フェルトリーナー種のブドウが栽培されています。昼夜の気温差の相互作用と古代の結晶質の岩によって形成された土壌に加えて、何世紀にも渡って培われた洗練された土地利用技術とよい日当たり条件という恩恵を受けて、これらのブドウは理想的な環境で育てられています。保温性の高い壁と岩によって作り出される微気候により、ミネラルを豊富に含んだ辛口で芳醇なブドウが生み出されます。ヤメック、ヒルツベルガー、ドメーネ・ワッハウなどのような賞を勝ち取っている農園のワインは、未だに高い評価を保ち続け、ブドウ園の見学者を歓迎しています。一流シェフがいるラントハウス・バッハーやドナウヴィルトで供される、ずば抜けて美味しい料理を堪能するほかにも、とてもフレンドリーなもてなしをしてくれる「ホイリゲ」と呼ばれるワインの居酒屋で、もっとシンプルで手軽に美味しさを味わうこともできます。小さなワインメーカーが経営するこれらの居酒屋は、改装されたガレージの中や、ドナウを見下ろすロマンチックな眺めが楽しめるブドウ畑の真ん中にあったりします。

ワイン街道を辿っていくと、クレムスの東側から始まり、ドナウ河の左岸に沿って、遥かウィーン近くのビザムベルクまで平坦地が広がるワグラム地方を横断し、やがて道はオーストリア最大のワイン用ブドウの栽培地域であるワインフィアテル地方へと導いてくれます。ブドウ園は、例えば、レッツ、ポイスドルフやバード・ピラヴァルトなどの、砂を多く含んだ丘陵に抱かれています。村々へと通じる道は、「ケラーガッセ(ワインセラーの道)」と呼ばれています。秋にこの道を歩けば、搾りたてのブドウの香りが辺りに漂います。香りだけではなく、もっとワインを楽しみたい方は、ワイン醸造所の多くは見学者を受け入れていますので、彼らのセラーやブドウ畑を訪問してみてください。品質保証マークの「DAC (Districus Austriae Controllatus)」は、制定されてまだわずか10年ですが、この地域の非常に熱心なワイン醸造所の人々は、彼らが掲げたマークのラテン語がローマ時代のこの地の歴史に敬意を表しているというだけではなく、この土地の恵みを人々に称えられるブランドにまで育て上げました。ワァインフィアテル地方の外側にあるクレムスタール渓谷やサンクト・ペルテン近くのトライゼンタール渓谷などの小さなブドウ栽培地域にとっても、この品質保証マークは自信の証です。現在、この地方特有のブドウ酒の作り方と、そのキリッとした明確な味わいを尊重しているワインメーカーが増えていることからもわかります。このワイン造りの地域で栽培されている主要なブドウの品種は、多少の差異はありますが、グリューナー・フェルトリーナー種です。それらのブドウから作られる製品は、通常アルコール度数の低い、フルーティでフレッシュな味わいのワインです。その特徴は、微かに胡椒を思わせる独特のピリッとしたスパイシーな後味です。国際的な視点から見ると、「グリュー・フェ」はオーストリアのハウス・ワイン(レストラン専用に醸造された比較的低価格なワイン)で、濃厚で変化に富んだ味わいがある独特のワインです。

ウィーン盆地のウィーンの森の南東に、「テルメリージョン」はあります。その名前は、この地にこんこんと湧き出る多数の癒しの泉に由来し、湧出した湯はハプスブルク帝国時代に作られた歴史的な浴槽へと注がれています。この地方のブドウ畑は、暑い夏と乾燥した秋を特徴とするパンノニア(古代の中央ヨーロッパのローマ帝国の属州)の気候と、変化に富んだ土壌と地形の恩恵を受けています。ワイン愛好家を魅了するここのワインの特徴は、小さな地域にも関わらず、ブドウのバラエティに富んでいることです。例えば、「シュペートロート」とも呼ばれる「ツィアファンドラー種」と、「ロートギプフラー種」は、この地方固有のブドウで、ここでしか栽培されていません。どちらのブドウからも白ワインが造られ、それらの等級は特に高く評価されています。また、ここではブルゴーニュ系の赤ワイン用のブドウの栽培も盛んです。この地方では、ピノ・ブランとピノ・ノワール(オーストリアでは、「ブラウブルグンダー」とも呼ばれています)は手で収穫され、それらのブドウから生まれるワインは真のワイン通の味覚を楽しませています。首都に近いという立地条件は、地方の伝統と都会の優雅さが融合したワインの居酒屋「ホイリゲ」の発展に貢献しました。ウィーンのすぐ近くのペルヒトルズドルフでは、ワイナリーが経営するホイリゲが中世の城壁に沿って軒を並べています。一年中、「ホイヤー」(ワイン生産者は、自らをこう呼んでいます)は、短時間の営業ですが一年中、こぎれいな中庭をゲストに開放し、作ったワインを飲ませてくれます。木製の長いベンチと長テーブルを庭や屋内に設えて、彼らの家庭を「ホイリゲ」に模様替えするのです。そこでは自家製のワインだけを出していますが、「ホイリガー」とは新酒ワインのことも意味しています。ワイン製造者たちの高い理想は、この白ワインにも注がれています。それに加えて、この地方を代表する様々な赤ワインと白ワインも提供しています。彼らのワインのほとんどはホイリゲで消費され、他に売る分は少ししか残りません。ホイリゲを訪れる最高の楽しみは「ビュッフェ」にあります。美味しい揚げものや焼き立てのパン類など、ホイリゲで出される家庭料理の味は、ちょっと言い過ぎかも知れませんが、グルメレストランをもしのぐほどです。その年を飾るハイライトが、ペルヒトルズドルフのホイヤーたちが祝う収穫祭「ヒアタ・アイツーク」です。昔、この祭りはこの時期にブドウの木を保護するために行われていましたが、現在は収穫それ自体を祝う行事となっています。ワイン製造者の若い息子が「プリッシェ」と呼ばれる重さが70キロ、高さが人の背丈ほどもある大きな手作りの冠を教会まで踊りながら運び上げます。教会での厳かな礼拝の後、祭りは一気にお祝いムードになります。市場は人で溢れ、新酒のワインを飲みながら、騒々しい歌声が更にお祭り気分を盛り上げます。

役立つリンク

カルヌントゥム体験・ワイン・フェスティバル
「カルヌントゥム体験」は、毎年行われるフェスティバルで、ワイン、娯楽、自然と文化など、家族みんなで楽しめる多岐にわたるプログラムが盛りだくさんのイベントです。
開催予定:2012年8月
www.carnuntum-experience.com

ルビン・カルヌントゥム・ブドウ園
ルビン・カルヌントゥム・ブドウ園に関する情報は、下記のウェブ・サイトへ。www.carnuntum.com

ロイジウム体験の世界
「ワインヴェルト・ロイジウム」は、ランゲンロイスにあります。ここを訪れる人々は、修道院の人々が創り出す芸術品ともいえるワインの奥深さを、テイスティングとガイド付きツアーを通して実感することができます。
www.loisium.at

ロイジアルテ・文学と音楽祭
毎年5月に行われるイベントで、音楽のハーモニーと食通をうならせる美味しいもので、訪れる人々を魅了しています。
開催日:2012年3月22日~25日
www.loisiarte.at

ヴィンツァークレムス・サントグルーベ13
ヴィンツァークレムス・サントグルーベ13は、オーストリアで最も有名なワイン産地の住所の一つです。サントグルーベ13では、見学者にブドウ園の貴重なブドウから搾られるジュースの8つの製造工程を公開し、銘ワインが生まれるまでの裏舞台をお見せします。
www.sandgrube13.at,  www.winzerkrems.at

「文学とワイン」のフェスティバル
ゲットヴァイク修道院で行われる上質な文学フェスティバルで、イベントと共に最高のワインがふるまわれます。
開催予定:2012年4月上旬
www.literaturundwein.at

ワッハウ・グルメ・フェスティバル
人生の楽しみである料理に関するフェスティバル。
開催予定:2012年3月下旬~4月中旬
http://www.wachau-gourmet-festival.at/

ドメーネ・ワッハウ
ドメーネ・ワッハウでは、ワインセラーのツアーとテイスティング、ドナウの船旅のすべてが体験でします。
www.domaene-wachau.at

ペルヒトルズドルフの収穫祭
オーストリア最大の収穫祭。
開催予定:毎年11月
www.perchtoldsdorf.at

ワァグラム・ヴェリタス
キルヒベルク・アム・ワグラムにあるヴィノテーク。ここでは、素晴らしい建物の中で最高のワインを楽しむ、至福の時が味わえます。
www.weritas.at

ワイン&カンパニー、オンライン・ワイン商会
www.weinco.at

ワイン農園とレストラン

レストラン・フロー
この地域のとびきり新鮮な産物を料理の素材として使い、最高のワインをその料理と共に、素晴らしいこの地方の雰囲気の中で供する ― これが料理長であり、ドナウ河畔のランゲンレーバルンにある「レストラン・フロー」のオーナー、ヨーゼフ・フローの秘密のレシピです。彼は素晴らしい料理と、最高のもてなしで、オーストリアのトップランクのレストランの仲間入りを果たしました。
www.derfloh.at

ラントハウス・バッハー
多数の有名な賞を獲得している(ミシュランの星2つ、98年度ポワン・ア・ラ・アルトで5つ星、ゴ・ミオで18ポイント/コック帽3つを獲得)リズル・ワグナー=バッハーのレストランでは、最高の素材にこの地方と地中海のアクセントを加味した、ワッハウ地方そのものと言える独特の料理を創り出しています。
www.landhaus-bacher.at

ワイナリー、ホルツアプフェル
賞を獲得した素晴らしいワイン、自家蒸留のシュナップス、小さな洗練されたレストランとホテル、美味しいアプリコットのお菓子など…。ドナウ河畔のヨッヒングのプランタウアーホーフにある700年以上の歴史を誇る建物で、ホルツアプフェル家はワッハウ流の温かいおもてなしの心でゲストをお迎えしています。そして、彼らのワインセラーとキッチンからは、この土地で最高のワインと料理が供されます。
www.holzapfel.at

レストラン、ロイプナーホーフ
ロイプナーホーフは、ワッハウ地方の料理を出す歴史のあるレストランで、何十年にも渡り優れた郷土料理を目当てに訪れる食通たちの舌を満足させてきました。
www.loibnerhof.at

ビッターマン・ヴィナリュウム
ビッターマン・ヴィナリュウムは、古代の城壁の後ろに建つ、モダンなスタイルのカントリー・ゲストハウスです。ここは上質なワインと美食を愛する人々にとってまさにパラダイスで、素晴らしいワインと食事が堪能できます。
www.bittermann-vinarium.at

ホイリゲンホーフ・ブリュンドルマイヤー
ホイリゲンホーフ・ブリュンドルマイヤーは、た
のホイリゲではありません。ここは、とても魅力ある歴史的な建物を誇る最高のレストランで、ブリュンドルマイヤーのワインはオーストリアのワインでも最高ランクの製品です。www.heurigenhof.at

ワインハウス・ニーグル
ブドウ畑、ホテル、レストランを包括するブドウ園全体の農園地所の眺めは、まるでファンタジーの世界を見ているようです。しかしその素晴らしさは、それらを取り巻く長い歴史を刻んだ城壁のためだけではありません。
www.weingutnigl.at