ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

オーストリアのイースター市

ウィーンを始め各地でイースターまでの2週間前あたりからイースター市が開催され、カラフルなエッグアートなどの愛らしい工芸品の数々が並び、屋台ではオーストリアの味も楽しめます。

 © TVB Innsbruck / IAI/Wally Witsch

ウィーンを始めとする主要都市や地方の町など様々な場所でイースター・マーケット(復活祭の市)がイースターの2週間ほど前から立ち始めます。カラフルな卵をはじめ、伝統工芸品、チョコレートなどのプレゼント品から郷土の産物までを売るたくさんの屋台が並びます。

ウィーン

シェーンブルン宮殿前広場で2015年3月21日から開催されるイースター市は、すでに13回目を迎えます。ここでは美術工芸品や味の名品が提供されるばかりでなく、ジャズとソウルミュージックによる音楽プログラムもあります。イースターをテーマとする60以上のスタンドが並び、若手デザイナーによる独創的で変化に富む工芸品、美術品、デザイン製品が紹介されます。

旧市街フライウングの広場を舞台とするノスタルジックなイースター市では、4万個に上るヨーロッパ最大のイースターエッグの山が出現します。オスターピンツェと呼ばれる特製パン、ヒツジ肉のグリルなど数々の味覚も並び、子供のためのイースター工作コーナー、人形劇も、人気を集めています。

ここから近いアム・ホーフ広場でもイースター市が開かれ、イースターの伝統的風習をテーマに、美術工芸家による名品の数々が並びます。
 

● シェーンブルン宮殿のイースター市
2015年3月21日〜4月6日, 毎日 10-18時半

● フライウンク広場の伝統イースター市
2015年3月20日〜4月6日, 毎日 10-19時半

● アム・ホーフ広場の工芸品市 
2015年3月20日〜4月6日, 毎日 11-19時


グラーツ

● ハウプトプラッツ広場のイースター市
● フランチスカーナプラッツ広場
● トゥンメルプラッツ広場
それぞれ2015年3月27日〜4月4日


ザルツブルク

● ヘルブルン宮殿 「春の魔法」 2015年3月27日〜4月12日
● グワンドハウス (Mozartstrasse 31)  2015年3月14日、15日、4月5日、6日10:00~18:00
● ザルツブルク野外博物館(グロースグマイン) 2015年3月28日 10:00~16:00

チロル

● インスブルック 黄金の小屋根前 2015年3月26日~4月6日 11~19時
● ハル=ワッテンス 2015年3月27日~28日 9~17時
● クーフシュスタイン 2015年4月2日~4日  木、金11~17時、土10~15時


オーバーエステライヒ州

グムンデン(市庁舎広場とシューベルト広場) 2015年3月27~28日  10~18時
トラウンキルヒェン(修道院) 2015年3月28日~29日  10~17時


詳しくは(英語)