ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

ゴールデン・クオーター

ウィーンの旧市街に新しい高級ショッピングエリア、ゴールデン・クオーターができました。ルイ・ヴィトン、アルマーニは昨年10月に開店、2013年から14年にかけて有名ブランド店が次々にオープンしていきます。

 © SIGNA

ゴールデン・クオーターはユネスコ世界遺産であるウィーン旧市街の高級ショッピング地区にあります。周囲の歴史ある建築群に囲まれた、スタイリッシュな現代建築です。ウィーンの伝統的な魅力と国際的なインテリジェンスが感じられる一角といえます。

場所は市内で最も高級なショッピング地区の一つ、エレガントなコールマルクト通りの延長線上で、トゥーフラウベン通り、ボーグナーガッセ通り、ザイツァーガッセ通り、アム・ホーフに面しています。11500平方メートル広さを持ち、贅沢なショッピングを楽しむことができます。ゴールデン・クオーターはショッピングゾーンのほか、5つ星のホテル・ハイアット・ウィーン、高級アパート、ビジネスオフィスからなり、2014年に完成します。

ヴィヴィアンウエストウッドアウトレットはトゥーフラウベン通り Tuchlauben に2012年9月に最初にこのエリアの端にオープンしました。ファッションラインの奇抜なデザイナーの広い範囲に加えて、お店でも、通常は唯一のロンドンの本店で見られるカスタムメイドクチュールを提供しています。

2012年10月の終わりには、国際的なデザイナーブランドのエンポリオ・アルマーニ、ルイ・ヴィトンがフラッグシップストアをオープンしました。2013年春にはミュウミュウ、ブリオーニ、エトロ、子供ファッションショップバンビーニのショップがオープンします。
2014年、プラダ、イヴサンローラン、カシミアセーター・ブティックのブルネッロ・クチネッリの旗艦店は ゴールデン・クオーターに移転します。買い物客に便を図って、隣接するボーグナーガッセ通りBognergasseとザイツァーガッセ通りSeitzergasseは歩行者ゾーンになっています。