ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

舞踏会(バル)

年末から2月下旬までのカーニバルの時期には、世界的に知られるオペラ座舞踏会をはじめとする約300に上る舞踏会がウィーンの冬に彩りを添えます。

 © Österreich Werbung/ H.Wiesenhofer

オペラ座舞踏会は、もともとハプスブルク家の行事として行われてきました。19世紀を 通してハプスブルク帝国が衰退する中においても舞踏会にかけるウィーン市民の情熱は決して衰えることがなく、1832年の統計によると20万人以上がワル ツを踊っていたことになります。これは、当時のウィーン市民の半数にあたり、カーニバル期間中にはなんと772の舞踏会が催されていました。

注目されるのは、今年社交界にデビューする「デビュタント」たち。純白のドレスを着ることができるのは、一生に一度のデビューのときだけです。

かつて皇帝が舞踏会を催したホーフブルク王宮のホールは、現在も最も人気の高い会場となっています。ここではまず、毎年大晦日の夜から元旦にかけて開催さ れる皇帝舞踏会(カイザーバル)に始まり、法服をフラックに替えた法律家がゲストを迎える法曹舞踏会、狩猟家が一斉射撃でゲストを歓迎する狩猟協会舞踏 会、カフェハウス経営者の香り豊かな舞踏会、さらには、深夜まで、女性の側から踊りを申し込むのが習わしになっている学生団体ルドルフィーナの仮面舞踏会 などといった、さまざまな舞踏会が毎週末のように繰り広げられます。

ほかにも、冬の最中に花の舞踏会が開かれる市庁舎は、いち早く春の花園となり、楽友協会大ホールでのウィーン・フィル舞踏会は、同オーケストラとゲストの指揮者がオープニングの曲を演奏します。

優雅なユーゲントシュティル(世紀末建築様式)のコンツェルトハウスのボンボン舞踏会では、チャーミングな淑女とチョコレートが、とびきり甘い一夜の主役 となり、ファンタジックなマジシャン舞踏会では、世界各国からイリュージョンの芸術家が集い、見事なテクニックで、幻惑の世界を繰り広げます。

ウィーンの舞踏会カレンダー 詳しく