ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

郷土祭

オーストリアの郷土祭りには、宗教的要素をもつものと、自然に対する畏れや憧れ、喜びを表す季節の祭り、そして人々の暮らしに密着した民俗祭や収穫祭などがあります。

 © Salzkammergut Tourismus-Marketing GmbH



祭りの年間カレンダー

1〜3月 

公顕節 - 三聖王の祭り(全国/1月6日)
イエス・キリストの誕生を祝うため、東方三博士が光輝く星の方角に向かって歩き、キリストのいる馬小屋を見つけた日を意味します。この祭日には子供たちが3人一組となって冠をかぶり、マントを羽織って東方の三聖王に扮します。そして三聖王に扮した子供たちは歌を歌いながら近所の家々を回り、お小遣いやお菓子をもらうのです。子供たちによって行なわれる新年の風物詩です。


<カーニバル(ファッシング)期間中>
グレックラーラウフェン(ザルツカンマーグートのエーベンゼーその他/ 1月5〜6日) Gloecklerlaufen
華麗な半円型の大行灯が暗闇に浮かび上がる夜のパレード。

ペルヒテンラウフェン(ザンクト・ヨハンなどザルツブルグ州ポンガウ、ピンツガウ地方/ 1月5〜6日 ) Perchtenlaufen
春を象徴する美しいペルヒテンと冬を象徴する怪異なペルヒテンの仮装パレード。

トレーステラーの踊り (ザルツブルク州ピンツガウ/1月5日) Tresterer

シェーメンラウフェン(イスムト/3〜5年おき)Schemenlaufen
春を象徴するローラと冬を象徴するシェラーの華麗な仮装パレード。

シェラーラウフェン(ナッセライト/3年おき)Schellerlaufen
原型をよく保存する素朴な仮装パレード。春を象徴する熊が勝つその年は豊作とされる。

シュライヒャーラウフェン(テルフス/5年おき)Schleicherlaufen
日常生活の各場面を表す頭飾りをつけた仮装パレード。「提灯持ち」が先導し途中寸劇的なしぐさをしながら進む。

ムラーラウフェン(タウアー/3〜5年おき)Mullerlaufen
鏡のついた大きな頭飾りのアルタートゥクサーの仮装パレード。ヒュットルトゥクサーは見物人の背中を叩いてまわる。

ヴァンペラーライテン
(アクサムス/4年おき)Wampelerreiten
デーモンをあらわすワラ詰めの衣装でフトンのように着ぶくれた人々が行進、これを「人間」が路上に倒す。

フリンゼルルファッシング
(バートアウスゼー)Flinserlfasching 
華麗な衣装の男と女の仮装パレード。 行列に向かって子供たちがかけ声をかけ、、行列の人達はお返しに木の実を撒く。

鼓笛隊の女たち(バートアウスゼー)Trommelweiber
女房たちが大きな音を立てて酒場に屯する亭主を追い出したという故事に因んだ女装の男たちによる仮装パレード。

5〜6月

<聖霊降臨祭月曜日>
クーフェンシュテッヒェン(ガイタール地方)Kufenstechen
疾走する馬の上からボールに据えられた桶に鉈で切り口をいれる競技。勝者を中心にダンスが踊られる。

聖体節 
湖上プロセッション(ハルシュタット)Seeprozession
豪華に飾り付けた多数の舟の湖上パレード。

<聖体節後の土・日曜日>
サムソンの行列(ムーアタール各地)
Samson-Umzug 大男の人形行進。

飾り棒のパレード(ムーアタール/6月29日Prangstangentragen
数千の花でびっしり飾られた長さ8m 重さ80 ?まで及ぶ多数のポールがパレードする。

7〜8月

聖ヤコブの射手(サンクト・ヤコブ/7月25日)Jakobischuetzen
聖ヤコブのお告げで武装したトルコ軍から村を守ったという伝説による鉄砲隊の祭。古銃射撃とパレード。

聖母マリアの舟の行列(ヴェルター湖/8月14日)Schiffsprozession zu Ehren Marias
ケルンテン州ヴェルター湖上パレード。

野盗と警護隊の戦い(オーベルンドルフ/8月/5年おき)Piratenschlacht 
昔、塩運送船を襲った野盗と警護隊の戦いを再現する祭。

シッファーシュテッヒェン(オーベルンドルフ周辺の村々/8月半)Schifferstechen
舟の上から突き落としあう競技。ピラーテンシュラハトのある年を除く毎年。

9月

アルムアプトリープ Almabtrieb(チロル/ザルツブルク州/9月中旬頃)
牛や馬や羊たちが花で飾られカウベルを鳴らしながら山から帰ってくるパレード。
牛祭り はアルプスの放牧地で夏を無事過ごすことができたことに対し、農民や、酪農家、牧人が感謝する祭りです。秋が訪れ、山に雪が降る前に放牧していた牛や羊を村の家畜小屋に戻すのです。アルムで元気に夏を過ごした家畜はもみの木、アルプスの花、カラフルなリボン、やキラキラするものや鏡などを頭に飾ります。特に主となる牛には豪華に飾り付けを施します。首には山を降りる際に邪悪なものを追い払うために大きなカウベルを着けます。村を行列した後は、村祭りが始まります。

11月〜12月

聖マルティン騎行 (ブレゲンツ・オーバーシュタット/11月11日)Martinsritt
乞食にマントの半分を切って贈った聖マルティンの 故事に因んで、騎馬のマルティンとランタンを持った子供達がパレードする。

クラウバウフゲーエン(チロル各地/12月5日)Klaubaufgehen
西洋版「ナマハゲ」が暴れまわって冬の悪霊を追い払う。

ニコロシュピール(ミッテルンドルフ/シュタイヤマルク州/12月5〜6日)Nikolospiel
西洋版「ナマハゲ」のパレードとニコラウスの小劇。ワラの装束の人々がパレードする。

ペルヒテンシュプリンゲン(ブライテンバッハを中心とするウンターインタール/12月5〜6日)Perchtenspringen
西洋版「ナマハゲ」がはねまわって動植物の成長を司る精霊を起こしてまわる。