ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

入国手続・税関

オーストリアはEU加盟国で、観光旅行者の入国手続きはいたって簡単です。ドイツなどシェンゲン加盟国との国境では、パスポート・コントロールはありません。

パスポート、ビザ
日本人の観光旅行者は6ヶ月以内の滞在ならばビザは不要です。パスポートの残存期間は、オーストリア(シェンゲン加盟国)出国時3ヶ月以上で、パスポートは過去10年以内に発行されたものでなくてはなりません。

観光以外の目的で滞在される場合のビザ等に関する情報は、以下でご入手ください。
在日オーストリア共和国大使館
106−0046 東京都港区元麻布1丁目1‐20
Tel: 03-3451-8281
Fax: 03-3451-8282
ホームページ

関税
日本の旅行者が自分で使用するため、もしくは贈り物として持ち込める品物には次のものがあります。

紙巻きタバコ200本または葉巻き50本、あるいはシガレロ100本かパイプタバコ250グラム、もしくはこれらをしかるべき割合で合わせたのもの。

香水50グラムとオー・ド・トワレ0.25リットル。

日本酒または果実酒、あるいは22度以内の酒類2リットル、または22度を超える酒類は1リットル。または、シャンペン、セクトなどの発砲ワイン2リットル、そして、ワイン4リットル。ただしこれらの品物は、旅行者が17才以上の場合に限られます。

旅行中に必要な薬は申告する必要はありません。

その他の品物については、合計価格が430ユーロまでは免税です。

チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、スロヴェニアと接する国境を越えて入国する場合は、合計価格が100ユーロまでが免税となります。タバコ類に関しても、持ち込み範囲は日本からの10分の1になります。ただし、これらの国を通過しても、航空路で入国する場合は別です。
16才以上なら、コーヒー500グラム(または抽出物200グラム)と茶100グラムまたは抽出物40グラム)を174(100)ユーロ以内で持ち込めます。

1万ユーロ以上の現金を携帯して出入国する場合は税関に届け出が必要です。