ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

シュタイヤマルク州の木材街道

豊かな森林に囲まれたムーラウ地方では、特産の木を使って作られた建築物や製品、木材を原料としたエネルギー開発などを見学することができます。木を使った楽器作りや、視覚芸術の制作現場も見ることができます

 © Holzwelt Murau
© Holzwelt Murau
Children in Forrest / Murau © TVB Murau-Kreischberg
Children in Forrest / Murau © TVB Murau-Kreischberg

Murau, Österreich

地図上のMurau, Österreich
木材街道とは、シュタイヤマルク州の豊かな森林に囲まれたムーラウ地方を通る街道のことです。ここでは、建築用だけでなく、エネルギー開発や芸術品にも木材が使用されています。この地域では、木材が何百年という伝統なのです。資源豊かなムーラウは、訪れた人々を歴史的であり、現代的な木の建造物にご案内します。
統一的で簡単な交通誘導システムのおかげで、ガイドなしでこの地域を楽しむことができます。
 
木材街道沿いのムーラウ周辺の景観上魅力溢れる地域では、およそ150kmに渡って70以上もの木を原料とする多種多様なオブジェが並んでいます。
木材加工のシンボルとしての巨大なキツネの尻尾は、サンクト・ルプレヒト・オプ・ムーラウにおいては、特別なアートを扱うミュージアムへの道を示しています。木材博物館では、過去から現在に至るまでの原料となる木材や木材の使用について見学できます。山林塔などのその他の建物内では、シュタイヤマルク州のあらゆる植物相や動物相について知ることができます。
また、このムーラウ地域には、支柱を用いないヨーロッパで最大の木造の橋があり、カラマツの木からできています。地上25mの高さにサンクツ・ゲオルゲンとサンクト・ロレンツェンの間を結ぶ、85mの長さのある橋には、550立方メートル以上もの松材が使用されています。また、この60トンもの重さのある木材の運搬には大変な技術が必要でした。この橋はシュタイヤマルク州の木造建築の傑作とされています。