ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

リンツからの日帰り観光

ザルツカンマーグート(世界遺産)やドナウ川周遊、サンクト・フローリアンにアントン・ブルックナーの足跡を訪ねて。

 © Österreich Werbung/Horvath
ザルツカンマーグート(湖水地方)
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の世界 
詳しく

サンクト・フローリアン St. Florian
リンツから約5キロ、サンクト・フローリアンの修道院と教会は、「栄光のオーストリア」と呼ばれるドナウバロックの最高傑作のひとつである。
304年ドナウ川に沈められ殉教した聖フロリアンはこの地に埋葬され、ここに修道院が建てられた。バロックの建築は1688年カルロ・カルローネの設計で始まり、これをヤーコブ・プランタウアーが引き継いで1751年に完成した。

サンクト・フローリアンはまた、オーストリア独特のカイザークロスターのひとつである。カイザークロスターとはハプスブルク家皇帝の旅の宿あるいは臨時の 居城となるべき施設を備えた大修道院のことで、ドナウ流域ではサンクト・フローリアン、メルク、ゲットヴァイク、クロスターノイブルクの四つであ る。<オーストリアの修道院>

修道院正面階段ホールの外観は極めて印象的で、その巧みな意匠には躍動するバロックの息吹が感じられる。プランタウアーが設計しアルトモンテ一家がフレス コ画を手がけた大広間は、皇帝の食堂にあてられていた。最終的にトルコ軍の脅威から解放されたバロック時代の喜びは「オイゲン公の部屋」に見られる。

トルコ軍との戦いで総司令官を務めたオイゲン公の名にちなむこの部屋には1台のベッドがあり、「寝ながらもトルコ軍を足蹴にできる」といわれる。つまりベッドの足元にはハンガリー人と縛られたトルコ兵、枕元にはドイツ傭兵、そして頭上には太鼓を持つ天使が描かれている。

巨大なパイプオルガンは「ブルックナー・オルガン」として知られる(1770〜1744年製作)。アントン・ブルックナーが1858年から10年間、ここ でオルガン奏者を務めた。このオルガンを深く愛した作曲家は今、オルガンのすぐ下にある納骨堂に眠る。なお修道院のコレクションの中には、アルブレヒト・ アルトドルファーの祭壇がある。