ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

サンクト・ペルテン:ニーダーエステライヒ州の州都

サンクト・ペルテンは、1986年、州民の投票の結果、ニーダーエスターライヒの州都に指定されました。人口約5万人。トライゼン川岸のこの町は、1159年パッサウの司教コンラートに授与されたオーストリアで最も古い都市権を持っています。

 © Österreich Werbung, Bartl
サンクト・ペルテン St. Poelten の最初の全盛期は、バロックの棟梁ヤコプ・プランダウアーがここに 移住し、続いて重要な建築物のいくつかを創り出した1689年でした。ヘレンプラッツのバロックの家並みと1995年ボリス・ポドレオカによって造られた 市庁舎前広場では、バロックの華麗さに印象付けられることでしょう。

1722年にロマネスク様式からバロックに改築された大聖堂も訪れてみましょう。夏になると、大聖堂前ではクラシックや現代の野外催し物が行われます。
町の中で建築的に新しい名所は、建築家エルンスト・ホフマンが設計し1997年にオープンした行政地区です。ここにはニーダーエスターライヒ州の「州議会 の船」ならびに州立博物館、州庁舎、「サウンド・タワー」、オーストリア・ラジオ局の州センター、祝祭劇場、州立図書館、州立古文書館が位置を占めていま す。