ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

磁器工房アウガルテンを体験 - ウィーンの磁器

磁器の形成や磁器の絵付けの高い技法を学ぶためには、一生涯かかります。最も簡単な装飾を学ぶのにも、少なくとも3年はかかります。
長石と石英、カオリンの混合物を用い、これ以上望めないほど完璧に仕上げられた美術工芸をなぞらえることができるでしょう。
全ての作業工程にそれぞれの専門家がいます。型職人や鋳物職人、成形職人、絵付師、縁職人、金研磨職人などがおり、それぞれが各分野の達人です。
博物館入館チケット付の工房ガイドツアーでは、工房の歴史を学べます。製造過程における専門家の仕事ぶりを深く理解でき、又、完成品をご覧いただけます。
熟練のガイドが、製品やウィーン磁器工房の歴史についてご説明致します。

ガイド料金:
大人: € 12,00
割引: € 10,00
子供(小中学生の団体): € 6,00

月~金曜 10:15~、11:30~(予約不要)

 グループは要予約
Tel: +43 1 211 24 200
E-mail: wien2@augarten.at
Homepage

詳しい説明

ヨーロッパで二番目に古いウィーン磁器工房アウガルテンが1718年に創立されました。今日でも当時と同様、磁器は手作業で生産及び絵付けが行われています。お客様の誰もが、一つしかない品物を手にすることになります。つまり、全てが一点物なのです。

ウィーン磁器工房は、2万5千点以上の様々な磁器製品を取り扱っています。指ぬきから床に置く大きな花瓶まで、そしてバロック様式のモカ用コーヒーカップからモダンスタイルのエッグカップまで、圧倒的な多様性を誇っています。
世界的にも類を見ない磁器の人形の他、特に人気があるのはオーダーメイドで、それぞれのお客様のご要望に合わて制作されます。それは特別な装飾であったり、お客様のご希望を叶えるためだけに作られる独自の形と製品などです。

アウガルテンのデザインは、工房の設立当初から名のある芸術家との提携により生み出されています。今日では時代の趣向に合わせ、工房は近代的な形と少ない装飾の製品を扱い、またデザイナーは積極的に開発に携わっています。
ウィーンの中心地にある磁器工房アウガルテンは、環境に配慮した持続的な製造をしており、製造過程をガイドツアーで直接ご覧いただくことが可能です。不恰好な素地から優雅な白いカップが生み出される様を、旅に出かけて観察してみてはいかがでしょうか。
アウガルテンはいつまでも変わらない価値を創造すると同時に、300年もの伝統を守っています。ウィーン磁器工房は、オーストリアの文化財の一部なのです。
Stempel © Augarten
Stempel © Augarten
Mokkaservice © Augarten
Mokkaservice © Augarten
Schloss Augarten © Augarten
Schloss Augarten © Augarten
Restaurant © Augarten
Restaurant © Augarten

連絡

このテーマのトップページへ