ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

インスブルックでは夏も冬も長期に滞在を

 © Österreich Werbung - Popp Hackner

●インスブルックはチロル・アルプスの首都

●歴史ある旧市街のハイライトは黄金の小屋根、王宮、王宮教会

●冬季オリンピックが2度も行われたウィンタースポーツのメッカ

●交通の便が良く、長期滞在に適した小都市

 
インスブルック市観光局HPYoutubeTwitterFacebook

詳しい説明

インスブルックのハイライトのひとつは、疑いもなく王宮教会です。ここには、ユネスコが最も重要視する皇帝墓碑のひとつ、と評価するマクシミリアンI世の棺があり、その両脇には、皇帝が模範としていたとされるヨーロッパ歴史上の人物の銅像28体が並んでいます。ここに立つと、ルネッサンス美術の何たるかを体験することができます。銅像の中にはアーサー王の姿もあります(祭壇に向かって右側の4人目)。そうです、アーサー王伝説の聖杯が珍重されるのはパリばかりではありません。


インスブルックは、ウィンタースポーツのメッカとして輝かしい伝統を誇っています。旧市街に隣接するコングレスセンターの先でケーブルカーに乗れば、ノルトケッテ連峰の最高地点ハーフェレーカーへ上ることができます。ノルトケッテのケーブルカー施設は、建築家ザハ・ハディドの設計で、非常に美しく、インスブルックに降り立った宇宙船のように見えます。山頂からの眺望は素晴らしく、あらゆる方角に数百キロを見渡すことができます。そして2000メートル下には、インスブルックの市街が広がっています。


半時間以内で市街に戻ると、おやつで一息つきたい気分ではないでしょうか。チロル州最古のカフェ&パティセリー「ムンディンク」は207年前に創業された老舗です。中に入るとまず、多彩なケーキやペイストリーに魅了されます。ホットチョコレートを飲むと、魅惑的なフレーバーが広がり、甘いメルヘンの世界へと誘われます。お土産には、黄金の小屋根のタイルをかたどったチョコレートがお薦めです。
インスブルックとイン川 © Innsbruck Tourism
インスブルックとイン川 © Innsbruck Tourism
カーヴェンデル自然公園 © Innsbruck Tourism
カーヴェンデル自然公園 © Innsbruck Tourism
インスブルック © Innsbruck Tourism
インスブルック © Innsbruck Tourism
インスブルック © Innsbruck Tourism
インスブルック © Innsbruck Tourism

連絡

このテーマのトップページへ