ワインの国オーストリア

ドナウ流域、ノイジィードラー湖周辺、シュタイヤマルクの丘陵地帯では、既に古代ローマ時代からワインが生産されていました。中世には、修道院が重要な経済拠点として、ブドウ栽培と地下室(ケラー)によるワイン貯蔵技術を発展させ、ワイン文化の普及に大きく貢献しました。

詳しく読む