ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

鉄道

8つの国に取り囲まれているオーストリアは、鉄道での入国も多様なルートがあります。ドイツ、イタリア、スイス、ハンガリー、チェコ方面から数多い国際列車が乗り入れています。

 © ÖBB
楽しい鉄道の旅は便利なユーレイルオーストリアパスで
オーストリア旅行には、国鉄が乗り放題、しかも切符を買う手間が省けるユーレイルオーストリアパスが便利です。

有効期間は1ヶ月、利用日数は3〜8日間から自由にお選びください。
エーベンフルト~ショプロン間の私鉄も利用でき、ドナウの船旅の割引もあります。

1等のお客様はウィーン西・南駅、ザルツブルク、インスブルック駅等の国鉄ラウンジが利用できます。

ユーレイルオーストリアパスオーストリアは海外の旅行代理店であらかじめ購入しますが、ウィーン西、ザルツブルク、インスブルック駅でも購入できます。

レイルパス 料金(2014年) :
1等/3日間 185ユーロ(2人以上 158ユーロ)
2等/3日間 131ユーロ(2人以上 112ユーロ)
(6〜11歳と席の必要な6歳未満の子供は半額)      
ユーレイルオーストリアパス詳細情報

列車の種類
列車には次のような表示がついています。
RJ=レイルジェット特急
IC (OIC)=インターシティー特急
EC (OEC)=ユーロシティー特急
REX=Eilzug 準急
R=各駅

列車番号が数字だけの場合=普通列車(Regionalzug)
オーストリア国内では、特急・急行の追加料金は必要ありません。

時刻表 
主要都市間の国鉄時刻表 こちら>> 
国鉄オンライン検索(英語)こちら>>

一般の方々は次のような方法で列車の時刻をお調べください。
◆ ホテルで調べてもらいます。
◆ 主要駅の案内所では、主要都市間の時刻表を一枚の小さな紙に印刷したものを無料で入手できます。帰りの列車の時刻も分かるので、行き先での行動プランを立てるのに便利です。
◆ 主要駅には電動式の出発列車標示板があり、各列車の出発時刻、番線、主な経由地、終着駅名がたちどころに分かります。
小さな駅では、ポスター大の紙に印刷してある出発・到着列車一覧表(出発列車一覧表は「Abfahrtアプファールト」、必ず黄色い地色、到着列車一覧表 は白地)があります。普通列車は黒字、準急以外は赤字で記載され、出発時刻、番線、主な経由地の到着時刻、終着駅の到着時刻が分かります。
日本と違うのは、上り下りの区別がないことで、どこへ行く列車もすべて同じ一覧表に、出発時刻順に記載されています。

列車に乗るときの注意
中・長距離列車の場合、一部の客車が途中で切り離され、まったく別の方向へ行ってしまうことが時々あります。列車に乗るとき、各車両の横についている行き先標示板によくご注意ください。不明のときは駅員や車掌に聞いて確かめておく方が無難です。

切符の有効期限
片道・往復切符を問わず、100km以内は1日、101km以上は1ヶ月。

途中下車
有効期限内の切符の場合、国鉄(OEBB)圏内において101km以上の切符は途中下車できます。

手荷物一時預かり所
ほとんどの駅で手荷物一時預かり所、もしくはコインロッカーがあります。

荷物別送
チッキサービスはなく、宅配便「Haus-Haus-Gepaeck Plus」サービスのみ取り扱い。遅くとも平日の前日までに申し込みが必要。ホテル客も利用できる。

座席の予約
座席・寝台車の予約は3か月前から出発直前までできます(グループは除く)。長距離のヨーロッパ特急列車のECとオーストリア国内特急列車のICには2 等、1等とも予約席ゾーンが設けられています。1等の予約は無料です。2等は、1席3ユーロの予約料金、10人以上のグループは、オーストリア圏内の予約 は無料です。6人以上のグループは、オーストリア圏外の予約は1席1ユーロ。(R)=予約可能マーク。

禁煙/喫煙
全車両禁煙です。多くの駅には喫煙コーナーが設けられています。
ご注意
現在ウィーン南駅は2009年12月13日から閉鎖、2014年にウィーン中央駅として生まれ変わります。工事中は、南駅の西約4キロのマイドリング駅(Meidling)が代替駅となり、国内・国際列車が発着。空港=西駅間のリムジンバスも、南駅の代わりにマイドリング駅経由となります。
オーストリア鉄道全国マップ こちら>>

国鉄運賃表 こちら>>

主要都市間の国鉄時刻表 こちら>>

ノスタルジーSL列車 こちら>>

オーストリア全国マップ(高速道路、鉄道)こちら>>