ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード

バード・ホーフガスタイン

バード・ホーフガスタイン(Bad Hofgastein )は、ガスタイナータール渓谷の入口にあたる、日当たりのよい開けた場所にあります。山々がやさしく取り囲む谷底をガスタイナー・アッヘ川が流れています。

 © Gasteinertal Tourismus
バード・ホーフガスタインでは「環境保護」という考えを、皆がいやいや従う標語ではなく、ごく当然のこととして実施されています。この町の当局は、すでにずっと以前から、交通騒音を減らすにはどうすべきかを検討してきました。

その結果、バード・ホーフガスタインは今では多くの観光地にとって模範となるような市内交通のコンセプトを達成しています。自家用車の通行は市の中心から 完全に閉め出され、環境にやさしい専用バスが市内の主要な交通手段となっています。鉄道でこの町に到着する場合は、宿からの迎えのバスがきます。  

市の中心部は歩行者ゾーンとなっており、ショッピングや喫茶店のテラスでの談笑が楽しめます。そして、古い伝統を誇る市のオーケストラによる演奏会をはじめ、数々の魅力的な文化行事が行われます。

湯治センター
バード・ホーフガスタインの湯治センターは、リウマチ治療やリハビリテーション、そしてスポーツ医学のための専門機関として、保養のためのさまざまな施設 が完備されています。経験が豊かで高度の資格を持った専門医によって、体操やマッサージ療法、電気療法など、目的に応じていろいろな療法が行われます。
また、温泉とサウナの設備のある寺院では、古来からの健康哲学の教えと現代の温泉療法を組み合わせたユニークな治療が行われます。日常生活から完全に離 れ、リラックスして心身の再生をはかることは、厳しい生活と仕事の重圧にさらされている現代人にとって、これまでにないほど重要な意味があります。

バード・ホーフガスタインで温泉にひたり、熱いスチームバスと冷たいシャワーを浴びるだけでも、人々は生きる喜びと健康を実感できるのです。


ハイルシュトレン(洞窟を利用した治療法)