ナビゲーション 内容 オーストリアの休暇キーワード
close
Please choose your country:
Or choose your language:

修道院での瞑想のひととき

何百年にわたって培われてきたキリスト教文化の伝統。数多くの修道院では各種のセミナーや会議会場としても活用され、宿泊滞在して修道僧の生活体験もできます。

St. Lambrecht monastery in Styria © Stift St. Lambrecht
フォアアールベルク州
ブレゲンツ メーレラウ:シトー派大修道院(1097年にベネディクト派修道院として創立)、教会(1964年改修)、ローマ教会の下部組織、収集品。

ホーエンヴァイラー/グヴィッゲン-マリアシュテルン:シトー派女子修道院(1856年創立)、教会(1896年創立)、悲しみの聖母を配した十字架像(1630年ごろの作)。

チロル州
インスブルック:宮廷教会;フランシスコ派修道院(1533年創立)、教会(1563年に皇帝マキシミリアン1世の墓所の建立の際に創設)。ヴィルテン:プレモントレ派参事会修道院(1138年創立)、教会(1660年ごろ創立)、バロック様式の装飾。

シュヴャーツ:フランシスコ派修道院(1509‾1512年に建立)、みごとな回廊(壁画1515〜30年)。

シュタムス:シトー派修道院(1273年創立、1732年バロック様式に改修)、領主の霊廟。

フォンプ-フィーヒト修道院:ベネディクト派修道院(1138年創立)、バロック様式の会堂(1750年)、天井のフレスコ画。

ザルツブルク州
マットゼー:カトリック修道院(770年ごろベネディクト派大修道院として創立)、初期ゴシック様式、バロック様式のバジリカ、博物館。

ミヒャエルボイエルン:べネディクト派大修道院(817年以前に創立)、バジリカ(11世紀)、大祭壇(1691年、M.グッゲンビヒラー、J.M.ロットマイアーの作)、図書館、博物館。

ザルツブルク市
サンクト・ペーター:べネディクト派大修道院(696年ごろ創立、オーストリア最古の修道院)、教会(1173年創立)、ロココ様式の装飾、聖ルペルトの霊廟。

ノンベルク:べネディクト派女子大修道院(715年ごろ創立、アルプスの北側では最古の女子修道院)、1150年ごろのフレスコ画。

フランツィスカーナキルヒェ:フランシスコ派修道院(1592年創立)、長堂(1220年ごろ創立)、内陣(15世紀半ばに建立)、バロック様式の大祭壇(1495年ごろのパッヒャー作のマドンナ像)。

オーバーエーステライヒ州
エンゲルスツェル(エンゲルスツェル近郊):1293年にシトー派修道院として創立、現在トラピスト派修道院。アルモンテ・フレスコ画のあるロココ様式の教会。

クレムスミュンスター:べネディクト派大修道院(777年創立)、C.A.カルローネとJ.プランタウアーにより修道院建立、「皇帝の広間」(1694年)、魚の生けす(1692年)、天文台(1759年)、収集品(タッシロの杯)。

ランバッハ:べネディクト派修道院(1056創立)、教会(1080年ごろ創立、壁のフレスコ画)、初期バロック様式の中廊、修道院劇場。

モンドゼー:元べネディクト派修道院(748年創立、オーバーエーステライヒ最古の修道院)、教会(1487年)、バロック様式の装飾。

ライヒャースベルク:アウグスチヌス派参事会修道院(1084年創立)、教会(1640年)、ロココ様式。Th.シュヴァンターラー作の「聖ミヒャエルの泉」(1697年)。
修道院の施設:食堂、図書館、バイエルンの大広間。

シュレーグル:プレモンストレ派参事会大修道院
(1218年創立)、バロック様式の教会堂、ロマネスク風の地下聖堂、オルガン(1634年)、収集品。

シュリアーパッハ:シトー派修道院(1355年創立)。P.F.カルローネおよびC. カルローネが1679‾1715年に建て直し、回廊に1340年ごろ作の「シュリアーバッハのマドンナ」像、図書館(蔵書12000冊)、ベルンハルディの大広間(18世紀)。

サンクト・フロリアン:アウグスチヌス派参事会修道院(1071年創立)、聖フロリアンの墓所の上に建立。 C.A.カルローネとJ.プランタウアーによるバロック建築(1751年)、壮麗な修道院内部、収集品。

ウェルス:ミノリーテン僧院(1280年創立)、教会の内陣とバロック様式建築は13世紀のもの。

ヴィルヘリング:シトー派大修道院(1146年創立)、教会(1733年)、壮麗なロココ様式の装飾。

ニーダーエステライヒ州
アルテンブルク:ベネディクト派修道院(1144年創立)。バロック様式の建築はJ.ムンゲナスとによる(1729/40年)。教会にはトローガーのフレスコ画、図書室、修道院長の間、皇帝の階段。

デュルンシュタイン:元アウグスチヌス派参事会修道院(1410年創立)、 J.ムンゲンアストとM.シュタインルによる美しい塔(1733年)を持つ教会。

ゲラス:プレモントレ派参事会修道院(1153年創立)、修道院施設は17/18世紀に建立。トローガーのフレスコ画のある「大理石の間」、図書室。

ゲットヴァイク:ベネディクト派修道院(1083年創立)。未完成の修道院施設(1719年からJ.L.フォン・ヒルデブラントによる建設)、トローガーのフレスコ画のある皇帝の階段、さまざまな装飾の美しい部屋、グラフィックアート展示室。

ハイリゲンクロイツ:シトー派大修道院(1133年創立)、ロマネスク式教会、ホール式内陣(1295年)、泉と13世紀のステンドグラスのある回廊。

ヘルツォーゲンブルク:アウグスチヌス派参事会修道院(1244年創立)。 J.プランタウアーと J.ムンゲンアストにようる修道院(1726年)。J.B.フォッシャー・フォン・エルラッハによる本堂(1718年)、アルトモンテのフレスコ画、収集品。

クロースターノイブルク:アウグスチヌス派参事会修道院(1114年創立)。施設は800年にわたって建設され、ヴェルドゥーン作の祭壇、バーベンベルク家の系譜、オーストリア大公の帽子などの美術工芸品。

リリエンフェルト:シトー派大修道院(1202年創立)。バロック様式の内部装飾の教会は1230年ごろ建立。回廊と参事会ホールは1250年頃建立、収集品。

メルク:ベネディクト派修道院(796年創立)、オーストリア・バロックの代表的建築で、1702‾36年にJ.プランタウアーにより建立。展示室:皇帝の間、大理石の間、図書館。

ザイテンシュテッテン:ベネディクト派修道院(1112年創立)、初期ゴシック様式のバジリカ、後にバロック様式に改装。1719/47年に修道院は建て直された。アルトモンテとトローガー作のフレスコ画、画廊。

ツヴェットル:シトー派修道院(1138年創立)。教会と内陣は14世紀に建立。バロック様式の塔のファサード、12世紀建立の回廊、宝物室、図書室。

ウィーン
カプツィーナークロースター:簡素な托鉢修道会風の建築様式が特徴。1622‾1632年建設。
皇帝の霊廟:皇妃エリザベトなどのハプスブルク家の墓所。

ショッテンシュティフト:ベネディクト派大修道院で、1155年ごろに創立されたウィーン最古の修道院。教会は17世紀に建立。修道院施設の「ショッテンホーフ」は19世紀前半の建立。博物館:1470年ごろのショッテンマイスター祭壇。ウィーン最古の街の絵。

ブルゲンランド州
アイゼンシュタット:フランスシスコ派修道院(1625年創立)。17‾18世紀の代表的な建築。ハイドンの使ったオルガンがある。エスターハージィー侯の霊廟、司教区民図書室。

フラウエンキルヒェン:フランシスコ派修道院、3世紀の宝物(毎年違うテーマで展覧会開催)。

ギュッシング:フランシスコ派修道院(1648年創立)、宮廷建築家ルッケーゼにより建立されたといわれる。バッティアーニ侯の霊廟、図書室。

クロースターマリエンベルク:シトー派僧院(1195年創立)、僧院領。常設展示「パノニア地方のシトー会員の活動」。

ロレット:元「聖母マリアの僕」派修道院(1651年創立)、17/18世紀のバロック式建築。回廊に「黒い聖母マリアの像」のあるカーサ・サンタのレプリカがある。

メンヒホーフ:ハイリゲンクロイツ大修道院が1955年にメンヒスホーフ郊外に設立したシトー派修道院。ブルゲンランド州唯一の大尼僧院。特別な総合セラピーを行なうクナイプハウス・マリエンクロン併設。

シュタイヤマルク州
アドモント:ベネディクト派大修道院(1074年創立)、教会(1869年)、図書室(1774年建立、蔵書数135000冊)、手書きの文書および初期の印刷物。

ゲス:元ベネディクト派尼僧院(1000年ごろ創立)。教会:11世紀の地下礼拝堂、14世紀の内陣、長堂(1521年)。司教の礼拝堂:フレスコ壁画(1288年ごろ)。

マリアツェル:オーストリアの最も重要な巡礼教会(1157年創立)、J.B.フィッシャー・フォン・エルラッハの銀の祭壇(1727年)のある「恩恵の礼拝堂」、聖母マリアの像(13世紀)、宝物室。

ノイベルク・アン・デア・ミュルツ:元シトー派大修道院(1327年創立)、1496年建立のホール式教会。1350年ごろの「ノイベルクのマドンナ」、大祭壇(1621年)、14世紀の回廊。

ペッラウ:元アウグスチヌス派参事会修道院(1504年創立)、バロック様式フレスコ画のある教会「東シュタイヤマルクの大聖堂」。

ライン(グラートヴァイン近郊):オーストラリア最古のシトー派修道院(1129年創立)、バジリカ(1140年)、18世紀にバロック様式に。クレムスのシュミット像のある大祭壇(1779年)。

ゼッカウ:ベネディクト派修道院(1140年創立)、ロマネスク風のバジリカ、カール2世の霊廟(1592年)、ヘルベルト・ベッキルのフレスコ画(1961年)。展覧会。

サンクト・ランフレヒト:ベネディクト派修道院(1076年頃建立)。ゴシック様式の修道院教会。ペーター教会。バロック様式の皇帝の間、貴重な祭服、杯、および聖人像。

フォラウ:アウグスチヌス派参事会修道院(1163年創立)。バロック装飾の教会、図書室(皇帝の年代記)。

ケルンテン州
フリザッハ:ドミニコは教会(1217年創立)。1300年ごろのバジリカには、十字架像「フリーザッハのマドンナ」などのすぐれた美術工芸品がある。

マリア・ザール:コレジオは修道院・巡礼教会。ゴシック様式のアルンドルファーの祭壇、三聖王のフレスコ画とH.ベックルのフレスコ画。

ミルシュタット:元ベネディクト派大修道院(1060/88年創立)、12世紀のバジリカ、ロマネスク様式の回廊、博物館。

オシアッハ:元ベネディクト派大修道院(1028年ごろ創立)。ロマネスク風バジリカは後にバロック様式に改築(J.F.フロミラーのフレスコ画)、1505年ごろの両開きの祭壇。

サンクト・パウル・イム・ラヴァントタル:ベネディクト派大修道院(1091年創立)。ロマネスク・初期ゴシック風のバジリカにはすぐれた収集品が収められている。

フィクトリング修道院(クラーゲンフルト近郊):元シトー派修道院(1142年建立)。貴重なステンドグラス(1400年)。