Please choose Language or Country
or

ユネスコ メディアアート都市、リンツ

デジタルメディアアートの先駆者であるリンツは2014年12月にユネスコの「創造都市メットワーク」事業のメディアアート都市として認定されました。リンツはメディアアートの分野でさらなる確固たる地位を築き、オーストリアの創造経済の中心として地域の発展に力を注いでます。

メディアアート都市 - リンツ

  • Linz, Ars Electronica Center © Linz Tourismus / no  name Linz, Ars Electronica Center © Linz Tourismus / no name
  • Ars Electronica Centre © Linz Tourismus / Johann  Steininger Ars Electronica Centre © Linz Tourismus / Johann Steininger
  • Lentos © Linz Tourismus Lentos © Linz Tourismus
  • Lentos Museum Linz © Linz Tourismus / Andreas Röbl Lentos Museum Linz © Linz Tourismus / Andreas Röbl
  • Linz Klangwolke (Cloud of sounds) © Linz Tourismus / Johann  Steininger Linz Klangwolke (Cloud of sounds) © Linz Tourismus / Johann Steininger
  • Klangwolke Linz © Linz Tourismus / Reinhard Winkler Klangwolke Linz © Linz Tourismus / Reinhard Winkler
  • Linz in Summer © Österreich Werbung / Peter Burgstaller Linz in Summer © Österreich Werbung / Peter Burgstaller
  • Die NIKE der Haus-Rucker-Co © OÖ Kulturquartier Die NIKE der Haus-Rucker-Co © OÖ Kulturquartier
ユネスコは「創造都市ネットワーク」事業で、文学、映画、音楽、工芸、デザイン、食文化、メディアアートの7つの分野で創造都市を認定し、都市間の連携、相互の交流を推し進めています。リンツは2014年12月にメディアアート都市として認定されました。

1979年にアルスエレクトロニカとクラングヴォルケ(サウンドの雲)が開催されて以来、リンツ(2009年にはヨーロッパ文化首都)は、メディアアートとデジタル能力の先駆者として、印象的な活動を続けています。国際的に有名で毎年恒例のアルスエレクトロニカ・フェスティバル、プリ・アルスエレクトロニカ・コンペティション、およびアルスエレクトロニカ・センターとフューチャーラボ、という3つの柱が、研究・開発ならびに地域全体の教育における革新の土台となり、世界的なメディアアートの発展に不可欠な推進力を提供しています。

現在、リンツ市はリンツ及びオーバーエステライヒ州創造産業会社と共に、街の中心部に位置するかつてのタバコ工場を改装し、創造的な経済の中核として利用・活用しています。

ヘーエンラウシュ(Hoehenrausch)とよばれる建物の屋上や高い所での展示イベントは2014年にリンツがメディアアート・シティとしてユネスコ創造都市ネットワーク(UCCN)に認定されたことから毎年行われています。 2016 年は5月21日~10月16日。今年のテーマは「アナザー・エンジェル(他の天使たち)」。天使は教会にいるとは限りません。世界のアーチストによる30の芸術作品を展示し、天使を様々な方法で表現し、多様性と矛盾に光を当てています。
  詳しくは:http://www.hoehenrausch.at/en/  
  YouTube: https://youtu.be/x6KTbNe6CiA

 

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。