Please choose Language or Country
or

リンツァートルテ

リンツァートルテの原型は「リンツァー・マッセ」と言われるものです。これは世界に存在するトルテのレシピの中でも最も古いものだと証明されています。
このレシピで作れば、オリジナルのリンツァートルテのように美味しく作れます。
Linzer Torte © Österreich Werbung / Wolfgang SchardtLinzer Torte © Österreich Werbung / Wolfgang Schardt
  • バター 250 g
  • 小麦粉 250 g
  • 粉砂糖 125 g
  • すりつぶしたヘーゼルナッツ(または、アーモンド)  150g
  • パン粉 大匙二杯
  • 卵 1個
  • 卵黄 1個分
  • シナモンパウダー たっぷりの量
  • すりつぶしたクローブ  一つまみ
  • 塩 一つまみ
  • Aすったレモンの皮、または、レモン汁   適宜
  • 重ね用のウェハース   お好みで
  • コーティング用の卵   1個
  • コーテイング用のレッドカラント・ジャム   適宜    お好みで
  • アーモンドのフレーク    お好みで
  • 焼き型に塗るバター   適宜

作り方


作業台の上に小麦粉を山盛りに置く。バターを角切りにし、小麦粉の中に指の間で揉み込んで軽いパン粉状にする。それに、シナモン、すりつぶしたクローブ一つまみ、塩少々と、レモンの皮、またはレモン汁で味を付ける。すばやく、なめらかなショート・ペーストリーを作り、ボールの形に丸めてラップで包み、約30分涼しい場所に放置する。

 

180℃にセットしたオーブンを予熱し、適当なサイズのスプリングフォームデコレーションケーキ型にバターを塗っておく。

 

生地の半分ちょっとの量を、拳を使って焼き型の底に押し込む。残りの生地で何本かのロール状の形を作る(格子模様を作るため)、1本太めのロールも作る(縁取り用)。好みにより、ペーストリーのベース部分をウェハースでカバーし、縁取りのために全周1センチ分だけ残して、かき混ぜてなめらかにしたレッドカラント・ジャムを塗る。

 

縁取り用に太めに作っておいた生地のロールを焼き型に入れ、優しく押し付ける。細めのロールを使って、格子模様を作る。好みで、アーモンドフレークを振りかける。

 

溶き卵を生地に塗り、予熱しておいたオーブンで50分~60分焼く。焼き上がったタルトを取り出し、冷ます。理想的には、ラップで包み、1日放置する。

 

他のレシピでは、リンツァートルテはもう少しやわらかい生地を使って、それを絞り袋に入れて、焼き型に格子模様に絞り出して作る方法を薦めています。


由来:
リンツァートルテの起源について真剣に調査している人は、直ぐに、エジプト、ヴェローナ、アメリカのウィスコンシン州のミルウォーキーを旅しなければならない事を知ることになります。少なくとも、彼らの頭の中で、そう考えるようになります。タルトのレシピで世界最古の記録として残っているものは、ヴェローナの伯爵夫人によって書かれたもので、今日オーストリアのシュタイヤマルク州アドモントの修道院の図書館にあるものです。このレシピは、アメリカでも19世紀中期に人気がありました。1822年にリンツに移り住んだケーキ職人がこのレシピを使い、偉大なリンツァートルテのベースとなった「リンツァー・マッセ」を創り上げました。今日、リンツァートルテは、オーバーエステライヒ州の首都を代表する料理のシンボルとなっています。

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。