Please choose Language or Country
or

ガストハウス・シュヴァーン

ヴァッテンス/チロル州

ガストハウス・シュヴァーンには、素晴らしく斬新でクリエイティブな厨房があり、野草メニューの8品コース料理など、お客様をびっくりさせるサプライズに溢れています。
 

木製のパビリオン、テラスやバー、木陰を作る涼しげな栗の木がある庭に抱かれるように佇む宿、シュヴァン・ヴィラ。建物の中は、近くのスワロフスキー・グループ会社のビジネスマンや従業員が昼食を摂る1階のホールと、2つの部屋、2階のダイニングルームに分かれています。オーナーのアンゲリカとギュンター・エベールが、ゲストの要望に対応しています。ここで出される料理は、グナーデンヴァルトの森で獲ったジビエやコルサスベルク産の肉、近隣の畑の野菜や自家庭園で採れたハーブなど、主にこの地域の産物で賄われています。野生のハーブやキノコは、近くの牧草地や森で採ってきます。ジビエは、スワロフスキーの猟場で狩ってきます。マスは宿の養殖池で育てています。シェフのギュンター・エベールは、彼の素晴らしく斬新でクリエイティブなキッチンから、野草を使った8品コース料理など、ゲストの意表を突く驚きの料理を多数創り出します。この野草のコース料理は、ヨモギの前菜から始まり、ハキダメギクのタルタル、セダムの葉のマリネを乗せたアプリコット、焼いたキノコを入れた冷製グリーントマト・スープ、パセリ・ソースをかけたイワナのコールラビ・ヌードル添え、ポレンタとアンズタケのホソバウンランのソース和え、ヒメスイバのソルベ、狩猟肉とヒレハリソウのポテトとハナウドのピューレ煮、ハナウドのつぼみのバター・ソテーとモナルダ・ディディマのつぼみのジュレへと続きます。コースのフィナーレとして、ブルーベリー団子のミント添えを味わってください。もちろん、すべてのメニューに合わせるワインは、ソムリエのアンゲリカ・エベールが選んでくれます。

Gasthaus Schwan
Swarovskistrasse 2 
6112 Wattens
www.gasthof-schwan.at
 

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。