Please choose Language or Country
or

ネッチュ・サークル・ミュージアム

ネッチュ/ケルンテン州

アートと地方という2つの言葉は、互いに相容れないと思いますか? もしそうなら、それはとんでもない思い違いです! 何故なら、オーストリアのヴィジュアル・アートの歴史は、ケルンテン州の小さなネッチュで大いに紡がれてきたからです。
 

芸術的なインスピレーションが凝縮し、芸術的な人物たちが集まり、互いに影響し合い、刺激を与え合う特別な場所というものが存在するものです。ケルンテン州のガイル渓谷にある小さな村ネッチュが、まさにそんな所です。ネッチュ・サークル・ミュージアムは、この地方で生まれた画家、例えばセバスティアン・イセップやフランツ・ヴィーゲレを、海外からネッチュに引き付けられてこの地に来た、アントン・コリッヒやアントン・マーリンガーのような画家たちの作品をまとめています。この緩いつながりで結ばれた絵描きたちのグループは、ウィーンの分離派と芸術的な関係を保ってきました。つまり、彼らは大物画家エゴン・シーレや、オスカー・ココシュカらと関わりを持っていたのです。この点において、ネッチュ・サークルの画家たちはヴィジュアル・アートのジャンルで、両大戦の時期にオーストリアの印象派の形成に大いに寄与したという特別な地位を占めています。このミュージアムは、表情豊かで強烈な色使いが印象的な彼らの代表的な作品を展示しています。ミュージアムを出て、ネッチュ村の中心に目立たないように建つ、以前はパン屋と製粉所だった画家のフランツ・ヴィーゲレの一家が住んでいた建物へ行くと、ここからはドブラッチの美しい古代の岩の風景を見ることができ、いかに自然がこの地の画家たちにインスピレーションを与えていたかが想像できます。

http://www.noetscherkreis.at
 

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。