Please choose Language or Country
or

バロック建築の珠玉 シュロス・ホーフ宮殿

3000万ユーロ以上の莫大な金額を投じ、世界で最も美しいバロック建築のひとつが現代に蘇りました。それが、オイゲン公の夏の離宮、ホーフ宮殿です。
帝国軍の総司令官を務めたオイゲン公は、マルヒフェルトにあった宮殿を、1725/26年、大規模なバロック宮殿へと拡張しました。
マリア・テレジア女帝の時代、ここでは、ウィーン宮廷の豪華な祝宴が催されました。しかし18世紀末以降この宮殿は忘れられ、長らく放置されていました。漸く近年になって、莫大な工費をかけて、大規模な全施設が修復されたのです。
宮殿で要する食品を自給自足していた酪農場も蘇りました。完全に消失していた16ヘクタールの広大な庭園も、当時の絵画や銅版画に基づいて再現されています。
オイゲン公が愛した豪華な庭園には、大規模な花壇や泉水と噴水、迷路庭園などが含まれ、1730年当時、王朝領内で最も美しいものに数えられました。見事に蘇った宮殿と庭園は一般公開され、バロック時代に愛された白いロバやメガネヒツジなどを撫でることもできます。
ハプスブルク家に関する特別展や、春と秋に行われるガーデンフェスティバル、夏のコスチューム・フェスティバルや季節毎の市なども、内容豊富なプログラムの一部です。
www.schlosshof.at

シュロス・ホーフの写真ギャラリー

  • Urlaub in Niederösterreich © Reinhard Mandl Urlaub in Niederösterreich © Reinhard Mandl
  • シュロス・ホーフ宮殿のバロック庭園 © SKB / Lois Lammerhuber シュロス・ホーフ宮殿のバロック庭園 © SKB / Lois Lammerhuber
  • Orangeriegarten © SKB Orangeriegarten © SKB

シュロス・ホーフ宮殿のお役立ち情報

シュロス・ホーフへのアクセス

ウィーンのヒルトン・ホテル/市立公園から郊外の観光スポットを回るホップ・オン・ホップ・オフ観光バスが出ています。期間は3月中旬から11月末頃までの土・日曜、祭日に運行。www.viennasightseeing.at

シュロス・ホーフで行われるイベント

ハプスブルクゆかりのシュロス・ホーフ宮殿では、年間を通じて様々なイベントが行われます。
毎年行われるものとしては、イースターマーケット、春/秋のガーデンショー、11月~12月にかけてのクリスマスマーケットなどが挙げられます。そのほかに、コンサート、ワークショップ、展覧会などがその年によって様々なイベントが予定されます。詳しくは

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。