Please choose Language or Country
or

ウィーン温泉

ヨーロッパ最大の都市温泉のテルメ・ウィーン。2010年に最新施設に生まれ変わり、発展を続けるオーバラーのテルメ・ウィーンは2014年、「欧州健康&温泉賞」のベスト温泉部門で二度目の金賞を受賞。

ウィーン温泉

  • ウィーン温泉 © Therme Wien ウィーン温泉 © Therme Wien
  • ウィーン温泉 塩の洞窟サウナ © Therme Wien ウィーン温泉 塩の洞窟サウナ © Therme Wien
  • ウィーン温泉 © Therme Wien ウィーン温泉 © Therme Wien
古代ローマ時代に、ウィーンに駐屯していたローマ人はすでにウィーンの硫黄泉を利用していたといわれています。ウィーン中心部から南に位置するオーバラーの硫黄泉は1934年に発見され、運動機能障害や疾患、リュウマチなどの回復に利用されてきました。その後1974年にオーバラー・温泉センターができ、2010年には施設を大々的に建て直し「テルメ・ウィーン」と改名されました。健康・保養施設としてのデザイン性、技術、プログラムの多様性、サービス、未来への持続性、創造性、市民生活の向上への責任を備え、どの点でも優れた温泉施設として高く評価され、2011年と2014年には「欧州健康&温泉賞」European HEALTH & SPA AWARDSのベスト温泉部門で金賞を獲得しています。
 
施設:
広大な敷地に、屋内外のさまざまなプールや浴場、体験ウォータースライダー、飛び込み台、数千の休息用の長椅子やベンチ、サウナ・スチームルーム、マッサージルーム、子供のプレイルーム、図書館、フィットネスゾーン、医療施設、いろいろなテーマガーデンを持つクアパーク、ショップ、レストラン、カフェなど健康と保養、美容に関した施設が揃うオーストリア最大の温泉施設です。
施設の総面積:75.000m2
4000m2のプール・浴場ゾーン
3000m2のサウナ・スチームゾーン
6000m2フィットネスゾーン
 
温泉質と量:
オーバラーの温泉はナトリウム/カルシウム/硫酸塩/塩化硫黄を含み、硫黄含有率が60.1mg/kg SII/l、溶質成分は3.7g/lで、ヨーロッパで最も治療効果の高い温泉の一つです。地下約400mと約900mから排出される源泉は54℃で、毎秒30リットル(毎時120m3)の湯が出ています。
 
効果:
「骨にとってカルシウムが大事なように、軟骨にとって硫黄が大事である」という説が正しいことは何世紀にもわたって検証可能な経験によって実証されています。軟骨代謝の障害は関節疾患の原因になります。硫黄泉療法により各関節、膝関節の軟骨生成が促進されます。温泉療法の効果は、温泉自体による効果とともに、水中での浮力の結果、重量とストレス軽減などの物理的なメカニズムに基づいています。治療により、炎症反応を抑え、痛みを緩和させることができます。
 
サウナゾーン:
ソルトワールド(Solewelt)
サウナゾーンにあるソルトワールドの主役は癒しのための塩です。
ここには独自の濃縮塩分散水装置があり、この近くの空気はミネラルが一杯で、まるで海辺の空気を吸っているように感じることができます。テルメ·ウィーンのソルトワールドでは健康な空気をリラックスして楽しむことができます。
「塩の洞窟」では塩を含んだ蒸気に溢れ、フィンランド式塩サウナと低温サウナ、ラコニウムの「塩ド-ム」は独自の岩塩で囲まれています。塩療法には回復の効果があるのです。
忘れてはならないのは、高濃度塩水のフローティング・プール(別料金)とサンテラスです。塩の力で新しい活力を生み出し、皮膚下の眠った組織を活発化させることで、肌にも良い影響を与えます。体のバランスを整え、自律神経系統の働きの強化にも導いてくれます。
 
(上記の内容はテルメ・ウィーンのサイトより引用しています。)
 
Therme Wien
Kurbadstrasse 14, A-1100 Wien
www.thermewien.at
 
Therme Wien Med
www.thermewienmed.at
 
営業:
12月24日以外毎日。
月~土 09:00~22:00
日・祭 08:00~22:00
詳しくは
 
アクセス:
地下鉄U1終点ロイマンスプラッツ駅から、市電67番で終点オーバラー下車。
2017年には地下鉄U1がオーバラーまで延長予定。
 

ウィーン温泉

画像版権

www.austria.info と www.austriatourism.com の二つのドメインの主要目的は旅行先としてのオーストリアの観光プロモーションです。